7月5日 日本人女性レイプの韓国人が保釈

http://www.sunstar.com.ph/cebu/local-news/2012/07/04/korean-sex-assault-case-out-bail-230120

セブ・サンスター紙によると、韓国人男性 Jong Duk Lee(24) と Carl Park(21) の二人が、フィリピンのセブで日本人女性をレイプした容疑で逮捕された事件で、Jong Duk Leeは保釈金を支払い保釈されました。

保釈金の金額は12万ペソ。20万円とちょっとというところです。

本来、フィリピンではレイプは非常に罪が重く、保釈なしの終身刑ですが、上記リンクの記事によると、Jong Duk Leeの容疑は、レイプからsexual assault(性的暴行)にダウングレードされたとあります。理由は「容疑被害者が彼は陰部に触れようとしただけで、それ以上のことはなかった。と言ったため」だそうです。

しかし、判事がJong Duk Leeに出国を禁ずる命令を出しており、彼は韓国に逃げ帰ることはできません。それに対して警察側はこの判断を歓迎し、Jong Duk Leeの容疑を再度レイプに格上げすることを試みるとか。

これに対して被告側の弁護人は「合意の下の性行為」を主張しており、そのあたりの判断が裁判での争点となりそうです。
posted by ワンサイド at 05:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。