7月17日 バランス

昨日の「キュー尻が重いとキュー先が浮いてくる」というエントリー。

いまのところコメントはいただいていませんが、電話をいただいたり、メールをいただいたり、お店でその話題を振られたりと、実は大反響なんです。

先日、来比された横浜のBobさんから、ロッカーに預けて頂いているキューが前バランスのはずなので、ためしに使ってみてもいいよというメールをいただいたので、さっそく試し撞きをさせていただきました。

まずはバランスポイントをチェック。

balance1.JPG

わかりにくい写真になっちゃいましたが、チョークを支点にしてやじろべえみたいにバランスをとってます。
手前の茶色いキューがBobさんの前バランスなキュー。
奥のが私が普段使っているバットが重くて結構後ろバランスなんじゃないかと思われるキューです。

balance1.JPG

バランスポイントはやはり思いっきり違います。
Bobさんのキューのほうが5センチくらいバランスポイントが前にあります。

このBobさんのキューでしばらく撞かせていただきました。
いままでなんとなく「前バランスのキューのほうが撞きやすい(ワタシにとっては)」となんとなく思っていましたが「前バランスのキューのほうがキュー先が浮きにくいために撞点が狂いにくいのか?」という点を意識してみると、やっぱりどうやら、ワタシの撞き方だと明らかにその影響はあります。

まず押し引きや土手撞きがしやすいです。
それから厚めで、100%の厚みからほんの数ミリずらす程度の微妙なフリの球で試してみると、後ろバランスのキューよりも狙ったところに正確に撞ける確率が高いです。

おそらくキュー先が落ち着くために、狙った撞点に行きやすいためなのじゃないかと思われます。
キューの前後バランスの影響の理屈がわかってなんだかとってもスッキリしました。
posted by ワンサイド at 06:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。