7月20日 日産

日産自動車が「『2.3万円』で、あなたの企画をお買い上げします。」ということで、こんなだったら日産のクルマを買いたくなる、こんなだったら日産の店にいきたくなるといったアイデアを募集しています。

いきなりクルマ雑誌のタイアップ企画みたいな書き出しですが、別にCMじゃあありません。あはは。
今日、日本から友人が電話をかけてきてくれて。その彼がちょっとだけ関係があるんだそうです。

日産のクルマというと、90年代に20代〜30代だったワタクシとしては、いろいろと思い出深いクルマがいっぱいあります。

フェアレディ、シルビア、スカイライン。
フェアレディは初めて買ったクルマ。
シルビアは友達に借りてよく女の子とデートをしました。
スカイラインはチューニングにハマって改造しまくりでした。

でももうシルビアはなくなってしまったし、フェアレディはスタイルはスポーツカーっぽいけど、なんだかよくわからないモデルになってしまった。現行スカイラインはほとんど存在感がないし、GT-Rはちょっと乗りたいとは思えないスーパーカーもどきになってしまった。

フェアレディ、シルビア、スカイライン。やっぱりこのあたりのクルマに、景気の良かった90年代のモデルの雰囲気で復活して欲しいですねえ。

シルビアや180SXには、スタイルがカッコよくて、小型で軽量で高性能なエンジンを積んでて、ちょっとスピードを出して走るのにも楽しくてっていうクルマとして復活して欲しい。

フェアレディとスカイラインにはライバル車種として復活して欲しい。
フェアレディは2シーターの高性能車として。
スカイラインは4シーターの高性能車として。
どちらも、最高のエンジン(でもフェアレディとスカイラインは別系列のエンジン)を積んでいて、シルビアに乗っている青年が次はスカイラインだ。次はフェアレディだとか考えちゃうようなクルマ。

それからもちろん、高性能グレードにはターボエンジンを復活させて欲しいですよね。GT-Rで排ガス規制に適合したターボエンジンがつくれるんだから、ホントは普通に作れるんでしょ?

いまのクルマって、カッコいいからどうしても欲しいとか、性能がいいから欲しくて欲しくてしょうがないっていうクルマがないっていうか、そういう風潮がないですよね。目的や実用性で冷静に選択されているというか。なんかこうもうちょっと冷静じゃない基準で選びたくなるようなクルマがあるといいなあ。

GT-RもいまのGT-Rの全部コンピューター制御でチューニングはプログラムのセッティング変えるだけみたいなそういうのじゃなくて、なんかこうもうちょっと面白みのあるクルマにできないかなあ。

今日はひさしぶりにフィリピンともビリヤードとも関係のないことを書いてしまいました。
posted by ワンサイド at 07:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。