10月25日 蔵之前スタンス

それはそれはもうずーーーーーーっと長い間アタマの位置と腕のカタチばかり気にしてきた私ですが、最近は身体や足の置き方など下のほうが気になっています。

今日もいろいろそのあたりをチマチマとイジくっていました。

きりん(゜_゜)さんのコメントにありましたが「左足右足の向きも大事」。
これで思い出しました。昔々に伝説のプレイヤー蔵之前忠勝のフォームに関する文章を雑誌だったのかネットだったのかで読んだときに、センターショットをするときのスタンスがこんな感じだという図を見た覚えがあります。

図の左上から右下に向かってセンターショットの構えをとると、左足は長クッションよりも外を向き、右足は短クッションよりも外を向く。というような説明がついていました。

kuranomaestance.jpg

この足の位置で構えると、確かに下半身はガチっと固まります。
が、O脚でウチマタというか、足の親指の先がハの字に内側を向いている私は、ここまで足先を開くと、5分もしないうちに内モモやふくらはぎに激痛が(笑)

それとは別に気づくのが、普段の私の構えとこれは、下半身の向きが全く違うということ。
普段よりも、下半身がものすごく左側を向いています。そして懐に思いっきり余裕がある。

ナニコレ。みんなこんなに懐に余裕があるフォームで撞いてるの?
これは私ってばコジるはずだわ。だって自分の身体がジャマだもん。

ちょっとこれはいかに自分のスタンスがダメなのかを思い知った気がします。
posted by ワンサイド at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。