11月3日 アメリカ合衆国 vs. イラン・イスラム共和国

alianded1.JPG

アメリカ合衆国出身のエドワードさん。
中国の工場ではさみをつくり、それを米国に輸入する仕事をしています。
フィリピンへは中国出張の度に、ゴルフとビリヤードのためだけに立ち寄っているそうです。

alianded1.JPG

当ブログではおなじみイラン出身のアリさん。
マニラの大学に通う歯学生です。

アメリカとイラン。
ニュースに登場するこの二カ国は国交断絶中の敵国同士です。
アメリカはイランに対して、貿易、投資、金融を禁止。思いっきり経済制裁発効中。また核開発禁止などの内政干渉も実施中です。アメリカの傲慢で狂った面がモロ出しです。
イランの方は「テロ支援国家」「悪の枢軸」などと言われている国ですから、基本的にイメージは良くないですよね。

しかし、どちらの国も、その国の人に直接会ってみれば、もちろん全然悪い人じゃあなかったりします。

今日のアメリカ合衆国のエドワードさんとイラン・イスラム共和国のアリさんの対戦。
初対面のはずですが、どちらからともなく声をかけて即ゲーム開始。
私が仲介するまでもありませんでした。

いやあプールに国境はないんですねえ。ホント。
posted by ワンサイド at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。