11月5日 150点達成

なんと本日ボーラードで150点達成しました!
たぶん2回目です。このブログの記事を検索すると、2011年の1月に「ボーラードで150点台が出た。たぶん今後2年くらいは最長不倒記録になる」とか書いています。

ぎゃははは。
2012年の年末も近くなってまた150点ですので、まさにその通りでした。

って言っても今回はかなりインチキをしました。
ミスをしてはラックしなおし、ミスをしてはラックしなおして、たまたまストライクが2回続いたところでスコアをつけ始めました。アイゼンハワールールってやつです。あはは。

ストライク3回、スペア3回という、ワタシとしてはありえないほど上出来なスコア。まあインチキしてるんですが。

おそらくB級の上のほうの方などは、オープンフレームがあること自体が問題という感じになるかと思いますが、スペアかストライクどちらかが1回か2回あるかどうかくらいというのがアベレージなので、これは、やっぱりインチキをしないと出ないスコアなんですが、ワタシの腕前があがったというのも少しあります。

腕前というのはビリヤードのじゃなくてボーラードの(笑)
前回のボーラードのコツのエントリーで書いた「7点確実に取れば100点」のコツのほかに、もうひとつ、コツを発見したのです。

まあボーラードが上手くても何の得があるわけでもありませんので、もったいぶっても仕方ありませんので、あっさり書きますが…

・ブレイクではテンボールブレイクと同じようにの2列目をサイドポケットに狙いつつ、サイドポケットまで届かない程度の力加減で弱めにブレイク。サイドの穴前に2つの球が残れば理想的。

・フットの2つのコーナーポケットに入れられる球の処理から開始。フット側の球を全部入れたら、サイドの穴前の球を使ってヘッド側コーナーポケットに入れる球にポジションする。

・最後はまたサイドの球に戻ってフィニッシュ。

ballard001.jpg
例えば、ブレイクでこんな配置にして、1,2,3,4,5,6番をフット側に入れ、7番を使って8か9番にポジション。8,9番をヘッド側に入れ、最後にイージーの10を入れてフィニッシュ。
7,10はピンチのときの仕切りなおしにつかってもいい。
という感じです。うまくいくときは上記のようにパターン化してきました。

これで緊張するのは序盤のぐちゃっとした配置をフット側に入れていくところですね。だいたここでミスをして終わりです(笑)

が、ここがつながると、スペアなりストライクなりにつながる確率が5割くらいあります。まだ5割かよって感じかもしれませんが、ワタシとしては5割もあるって感じです。

ここからは、サイドポケットへのイージーボールをつかって、フット側の球を処理というパターンがほぼ出来上がっているので、ワリと成功率が高いんですね。問題はサイドポケットへのイージーボールがない場合が結構あるってことですが(笑)
posted by ワンサイド at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。