11月9日 振り込め詐欺と思われる標的型メール:注意喚起

在フィリピン日本国大使館より、振り込め詐欺に関する注意喚起のメールが来ていましたので、共有します。

これは、実は私も知人から聞いたことがあります。
日本に住んでいる弟さんのところに「フィリピンでトラブルに巻き込まれてお金が必要になった。」というメールが届いたのだそうです。

メールには「携帯電話は取り上げられてしまっていて使えない」と書いてあったそうで、彼の弟があわてて携帯に電話をしたところ、たまたまでしょうがやはり圏外だったそうで、あせった弟さんは本気で振り込む直前までいったそうです。その後、弟さんが何度目かに電話をかけたところで本人に繋がり、事なきを得たとのこと。

「フィリピンでトラブルに巻き込まれた」「電話はとりあげられた」といわれると、それなりにリアリティがあります。
ご家族の方とも、この情報共有してください。

==================================
在フィリピン日本国大使館メールマガジン
==================================
平成24年11月8日
在フィリピン日本国大使館

大使館からのお知らせ
(振り込め詐欺と思われる標的型メール:注意喚起)

*本お知らせにつきましては,ご本人はもとより,家族内,組織内で共有されると共に,お知り合いの方にもお伝えいただけますよう御協力をよろしくお願いいたします。

1 本年夏以降,当地,日本及びアメリカ在住の日本人から大使館に対し,被害には遭っていないものの,実際に存在する個人(多くが知人・友人)のメールアドレス(YahooなどのWebメール)を用いて本人になりすまし,家族及び知人等に対して(外国)送金を依頼するといった振り込め詐欺と思われる事案につき報告が寄せられています。

2 メールの内容は,概ね,旅行先,その多くがフィリピンで強盗被害に遭い,所持金を盗られてしまい困っていると切り出した上で,帰国旅費,ホテル等の支払いにお金が必要であるとして,(外国)送金サービスや指定した口座に至急振り込みをして欲しいとするものです。

3 実際,フィリピンにおいて,外国人が強盗等の被害に遭遇するケースはありますが,万が一,この種の内容のメールを受信された際には,まず電話などにより,送信者が本人であることを必ず確認するようにしてください。

また,携帯電話も一緒に盗られてしまったことなどを理由に,相手側が直接電話連絡することを避ける場合も想定されますが,いずれにせよ,メール内容を鵜呑みにせず慎重に対応するようお願いいたします。

なお,疑わしいと思われる事案に遭遇した際には,当館までご連絡ください。
(了)
==================================
posted by ワンサイド at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。