3月1日 ハスラー

130301-1.JPG
今日はラムラムさんと

130301-1.JPG
常連さんのアンドレスくんの勝負がありました。

テンボール11先。
10-10のヒルヒルまでもつれたんですが、残念ならがアンドレスくんの負け。

フィリピンには「ビリヤード・プレイヤー」という人たちがいます。
アンドレスくんも対戦相手のラムラムさんも、ビリヤード・プレイヤーです。

このビリヤード・プレイヤーという人たちはどういった人たちかと言うと、ビリヤードをプレイして得た収入だけで食べている人たちです。

彼らは本当に「ビリヤードをプレイ」する以外の仕事をしません。
ビリヤード店の所属プレイヤーやビリヤード店の従業員として収入を得るとか、コーチとして収入を得るということもまずありません。

いわゆるギャンブルマッチの収入だけが全てで、いままでの人生の中で、それ以外の仕事をしたことがないというプレイヤーが多いです。

ギャンブルマッチをする際には、基本的には掛け金はプレイヤー自身が出すのではなく、スポンサーと呼ばれる人たちが賭けます。プレイヤーはゲームに勝って、スポンサーから「分け前」を受け取ります。これがビリヤード・プレイヤーにとっての唯一の収入です。

他に仕事をしていないわけですから「今日負けたら食事抜き」という状況で常に戦っています。それだけにお金のかかった「仕事」への取り組みは真剣です。
posted by ワンサイド at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。