3月2日 マニラに死す

雑誌「Cue's」の3月号に、ビリヤード検定の必修テストの部分が採録されていたのを見て、ちょっとバックナンバーをカウンターの下から発掘し、挑戦してみました。

kentei6-0.JPG

6級(従来の「Cクラスの上」に相当。)に挑戦です。

もしこれで合格だったら、いつも当ブログ上で「C級以下」とか「D級」とか名乗っているのを返上して「C級の上のほうのワタシ」と名乗ることにしようかな〜っとか考えながら開始!

Cue's誌上で定められているルールによると、10コの課題を各10回ずつシュート。合計100回のうち成功が70回以上だったら合格というルールです。

kentei6-0.JPG
Test 1 → 6/10
合格ライン7割に対して、イキナリ10分の6という数字!
サイド苦手です。

Test 2 → 8/10
ワリと普通の配置。ワリと普通に入りました。

Test 3 → 6/10
こんなの難しいでしょ。まあでも6回成功したのでOKですかね。

kentei6-0.JPG
Test 4 → 10/10
簡易版センターショット。ボーナス問題でした。

Test 5 → 8/10
10発成功する人も多そうです。広く開いたサイドポケットの正面の球だし。
でもサイドが苦手なので2回失敗。

Test 6 → 9/10
テンボールの10番でありがちな配置。ややイヤラシイけど、9回も入りました。
このへんでかなり合格を意識!

kentei6-0.JPG
Test 7 → 4/10
普段から「苦手、苦手」と繰り返し言っている配置です。
入れごろの厚い球。への字でもないしクッションに接しているわけでもない、すなおな厚み。でもマジ苦手なんです。なんで4つしか入らないんだろう。

Test 8 → 2/10
大問題発生。なんと10分の2。
短クッションの近くに先球がある厚めの球。確かにあまり得意じゃないと思っていましたが、あらためて繰り返しやってみるとこんなに入らないとは!

kentei6-0.JPG
Test 9 → 8/10
特に問題ないノープロブレムの配置。
8回連続で成功した後で、最後の2コをはずす。
Test 8の大失敗がアトをひいている感じです。

Test 10 → 7/10
ばっくり開いたサイドの正面からさほど遠くない角度の球。
でもサイドが苦手なのでこんな感じ。

というワケで合計は68点!
合格ラインは70点なので不合格でした。
やっぱりC級にも通らないワタシです。

フツーに一番入れやすいはずのTest 7が4/10、クッションタッチのTest 8が2/10、あからさまに苦手な配置があるということが判明! それからサイドポケットの入れ方が根本的にわかっていません。

このへん重点的に練習する必要がありそうです。
posted by ワンサイド at 05:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。