4月9日 勇者の日 (Araw ng Kagitingan)

今日は勇者の日 (Araw ng Kagitingan) で休日でした。
3月からむちゃくちゃ休みの日が多いフィリピンです。

勇者の日 というのは、第二次大戦中に、日本軍がフィリピンのバターン半島を占領した日で、言ってみれば「バターン死の行進」を記憶するための祝日です。

バターン半島を占領した日本軍は、フィリピン人とアメリカ人の捕虜を後方に輸送する計画をたてたのですが、計画通りに進まない部分が多く、結果的に、全行程120kmのうち約60kmを徒歩で移動することになりました。

これが「バターン死の行進」です。
以前は、60kmぽっちの徒歩の移動が「死の行進」呼ばわりされるなんで、大げさなんじゃねーの? と思っていました。
日本人の場合。というか少なくとも私の世代では、遠足だとか登山だとかで、子供の頃から一日に10キロや20キロを徒歩で移動するなんて慣れていますし。

が…
いやあ、今ならわかります。

フィリピンのこの時期。

フィリピンの真夏の4月。

屋外を歩くなんて死ねます。
日本じゃないんですもん。フィリピンなんですもん。
熱射病からの衰弱で亡くなった人が多いんです間違いなく。

いやあホント。毎日毎日暑いです。
屋外に出ると空気が熱いです。
息を吸うと肺が熱いので、息を吸いたくありません(マジ)。
太陽の光に当たると、肌がチリチリと針を刺すように痛むので、日向に出たくありません。

昨年の(フィリピンの)夏は妙に短かったように記憶していますが、今年はばっちり暑い日が続いています。

いったいいつまで続くんでしょう。
posted by ワンサイド at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月8日 Chua v. Gomez, Sibuco v. Mazon

130408-1.JPG

130408-1.JPG
Johan "Bubwit" Chua vs. Roberto Gomez
テンボール20先
Chua 14 - W Roberto Gomez


130408-1.JPG

130408-1.JPG
Edgardo "Lolong" Sibuco vs. Jundal "Jano" Mazon
ナインボール16先
Sibuco W - 14 Mazon
posted by ワンサイド at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月7日 座礁した米掃海艦のその後

もう数ヶ月前のことなのですが、アメリカ海軍の掃海艦が、ユネスコの世界遺産に登録されているフィリピンのTubbataha Reef National Marine Parkのサンゴ礁に座礁しました。

軍艦が戦場でもない場所で事故るっていうのが、まず基本的にかなりカッコ悪いですが、それがマヌケなことに、世界遺産に登録されているフィリピンの国立公園の中のサンゴ礁に乗り上げちゃったっていう…

やっと先週、この軍艦の撤去の作業が終わったというニュースがありました。

130407-1.jpg

この軍艦の艦長。「国立公園のサンゴ礁に入ってはいけない」という、フィリピン側からの呼びかけを再三無視した上「あまりうるさいと、在フィリピン米国大使館から抗議する。」と脅しをかけていたことが明らかになりました。

なんだか情景が目に浮かびますね。
脳内までマッチョな米国軍人のしかも艦長。お山の大将。
発展途上国でアジアの果てのフィリピンのことなんて見下しきっていて、同等の交渉相手だなんて思ってもいないわけですきっと。
格下の同じ人間とも思っていないような相手に警告され、無視したら正論でたたみかけられ、カチンと来ておどしをかけたと。
さらに、脅しをかけた直後にマヌケなことに軍艦のくせに、国立公園のサンゴ礁に乗り上げて身動きとれなくなってしまったという…

私も、長年フィリピンに住んでいるにもかかわらず、ときどき自分がフィリピン人を見下していることを自覚して、はっとすることがあります。
もちろん、この見下している感覚はまさに単なる感覚でしかなく、正当な根拠はありません。

こんなニュースに触れるたびに、自戒の念を新たにします。
気をつけなきゃいけないです。
posted by ワンサイド at 02:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月6日 Yuraさん突然帰還!

130406.JPG

うわああああ。
びっくりした。
突然、Yuraさんがご来店です。

何がそんなにびっくりかというと、このYuraさん。ぷつっと行方がわからなくなる前日までは、毎日遊びにきてくれていたんですが、ある日突然姿が見えなくなったかと思ったら、25ヶ月ぶりのご来店です(キューお預かり用ロッカーの利用履歴を見ると、なんと25ヶ月間キューが置きっぱなし)。

姿が見えなかった25ヶ月の間、常連のお客さんも、私も誰も彼の行方がわからないという、完全蒸発状態でした。

それがまた、今日突然現れたもんだから、私もお客さんもビックリです。
話を聞いてみると、なんと今はセブに住んでいらっしゃるのだとか。
「2ヶ月にいっぺんくらいはマニラに来る予定だよ〜」とのこと。
今度もしいなくなるときは、その前に連絡ちょうだいね〜。
posted by ワンサイド at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月5日 小野田プロご来店

130405-1.JPG

JPBAの小野田のり子プロがご来店されました。

130405-2.JPG

フィリピンのお友達のお子さんの洗礼式(生まれたばかりの子供にキリスト教徒として洗礼を受けさせる儀式)に出席されるためのご来比とのこと。

それでもやっぱりもちろん、毎日ビリヤード漬けで、1ゲーム10ペソのビリヤードも既に体験済みだそうです。
当店でも早速常連さんと勝負していらっしゃいました。
posted by ワンサイド at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月4日 訃報

我々の友人コバさんが亡くなりました。
私は宗教を持ちませんが、今日は彼の魂のために祈りたいと思います。
posted by ワンサイド at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月3日 課題

久しぶりにマスターことラモンさんと、例によってローテーション36点対84点のハンデキャップ対決をしました。
結果はボロ負け!

こんなのを思い切りはずしまくりました。

130403-1.jpg

130403-2.jpg

130403-3.jpg

130403-4.jpg

やっぱり課題はサイド。
狙いどころが判っていないというか、狙ってないのかも。

それからセンターショットみたいなまっすぐ。
これは練習のときはともかく、ゲーム中に回ってくると全然入る気がしません。
もうまっすぐを見ただけで、スタンスに入る前からチビっちゃう感じ。

あとは、角度20度から30度くらいの入れごろの距離と角度の球。
なぜなのかまったく意味不明にかなりの確率ではずします。

Cue'sのビリヤード検定のときと同様の課題。
苦手な球がわかっているんだからなんとか、苦手を克服したですね〜。
posted by ワンサイド at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月2日 韓国在住フィリピン人にアラート・レベル1

フィリピン外務省は、韓国在住の自国民に対して、アラート・レベル1を発報しました。

朝鮮半島の緊張が高まっている中、フィリピン政府は、韓国で暮らすフィリピン国民に対して「いつでも避難できるよう準備をするように」という勧告を出し、
また、自国民を韓国から避難させるための準備も進めているそうです。

実際にどのくらい危ないのかは何かが起こってみないと結局はなんともいえないわけですが、フィリピンのこういうときの政府の対応は、きっちりとしていて好感が持てます。

多くの国や団体が取っている態度は「危ないかもしれないけど、やっぱり韓国の暮らしとか仕事を止めちゃうとなると大変だし、捨てるものが多すぎ。経済的にも損失が…」みたいな感じじゃないでしょうか。

フィリピンの場合はおそらくコレ一本。
「いろいろと事情はあるけれども、危ないものは危ない。人命には替えられない。」
原理原則に則ってます。

普段、フィリピンに対しては文句ばっかり言っている私ですが、ときどきフィリピン政府はなかなかあなどれない対応をします。

今回は日本政府からはまだ何もないようですが、フィリピン政府が、韓国国内の緊急疎開先として指定したのは、韓国南東部のGimhaeと大邱という二つの街だそうです。
posted by ワンサイド at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月1日 エクステンション

エイプリルフールですが、グーグルやauのようにイカすネタが思いつかないので普通にいきます。

オススメできないシリーズ。

130401-1.JPG

マニラのセブンイレブンでみつけました。
Tekki Yakiudon(テッキ やきうどん)
24ペソ。
カップやきそばみたいに、お湯を入れて3分待った後、お湯を切って調味料を入れるというタイプです。
が、これが、フタとカップを貼り付けている糊が熱に弱いんですね。
カップを傾けてお湯を捨てていると、なんと、フタがはがれてきます。
ワタシは、ついさきほど流し台に麺を半分くらいドボっと落としちゃいました。
調味料もやきうどんぽくないですし、何から何まで微妙でした。



サテ…

今日お客さんが面白いエクステンションをつかっていました。

130401-1.JPG

こんなのご存知でしたか?
アメリカの通販サイトで買ったそうです。
初めて見ました。

130401-1.JPG

バットとシャフトの間に入れるエクステンションです。
キュー尻に継ぎ足すタイプとは逆に、極端な前バランスになります。
「着」と「脱」で都合のべ4回くるくるしなきゃいけないので、結構めんどくさそうですね。
posted by ワンサイド at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月31日 なんでこの時期フィリピンは暑いのか

今の時期、3月〜4月ごろが、フィリピンは一番暑い季節です。
学校は夏休みになります。

日本では7月〜8月が暑いのになんでフィリピンは3月〜4月が暑いのか。
これはどうしてなのかご存知でしょうか。

何度か軽く当ブログで書いていますが、結構質問が多いので、わたしの知っている限りの知識でご説明したいと思います。

北半球では、6月の夏至の時期に太陽が一番高くなり、日差しがいちばん強くなりますよね。小学校の理科の時間にもそう習いました。

フィリピンでは、6月よりもはやくその時期がやってきます。
それはなぜでしょう。

日本では、正午の太陽の高さは、冬至の頃がもっとも低く、夏至に向かってだんだんと、真上に向かって移動してきます。でも、夏至の一番太陽が高い季節でも、真上までは来ません。やや北側に傾いています。

フィリピンでも、冬至の頃が太陽がもっとも低い(はず)です。日本ほどではありませんが北側に傾いています。それがだんだんと真上に向かって移動してくるんですが、夏至の頃には、真上を通り過ぎて南側に傾いてしまうんですね。そうです。フィリピンの太陽は、冬至の頃に一番北側に傾いていた太陽が、だんだんと南に向かって動いていき、しばらくすると天頂を通るようになり、夏至の頃には更に天頂を通り過ぎて南に傾いてしまうのです。

これは、フィリピンが日本よりも南にあるからで、具体的には緯度26度の北回帰線よりも赤道よりにある場所では夏至の太陽が天頂を通り過ぎて南に傾いてしまうという現象がおこります。

これが夏至の時期より前に太陽が高くなり、そのしばらく後に真夏がやってくる原因と言うか仕組みです。もちろんこのほかに雨季や乾季のタイミングなど天候の問題もあると思いますが。

サテ…

130331-1.JPG
ちょっと久しぶりにご来店のアリさん。
ちょっと以前はそれこそ毎日必ず来てくれて、半日くらずっと当店で過ごしてくれていることも少なくなかったんですが、歯学生の彼。最近はとても学業が忙しいみたいです。毎日実習で歯科クリニックで患者さんを見ているそうです。それも朝の9時ころから夕方まで。いよいよ歯医者さんになる勉強も大詰めなんですね。

そんなアリさんですが、以前はよくワタクシがお相手をさせてもらっていたんですが、最近はこの人。

130331-1.JPG
ネイさんとさかんに勝負しています。
いやあ。もうホント。
ワタシがちょっとハンデをもらって勝負できるレベルじゃなくなってしまいました。
「うーん。ホントみんな上達するよなあ。」
としみじみしつつも、あまりにも上達しない自分がなんというか情けないです。

でも、ビリヤード場の従業員としてこれは断言できます。
「必ずみなさんが上達します。」
お客さんをみていてわかります。
「なんか全然上手くならないなー。」
なんて言っている方も多いですが、例外なく100%誰もが上達します。
ここで働きながら何百人も見ていますが、本当に例外なくみなさん上達します。

つーか。自分だけが例外なんですよね。なんでだろう。ウウ。
posted by ワンサイド at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。