3月31日 なんでこの時期フィリピンは暑いのか

今の時期、3月〜4月ごろが、フィリピンは一番暑い季節です。
学校は夏休みになります。

日本では7月〜8月が暑いのになんでフィリピンは3月〜4月が暑いのか。
これはどうしてなのかご存知でしょうか。

何度か軽く当ブログで書いていますが、結構質問が多いので、わたしの知っている限りの知識でご説明したいと思います。

北半球では、6月の夏至の時期に太陽が一番高くなり、日差しがいちばん強くなりますよね。小学校の理科の時間にもそう習いました。

フィリピンでは、6月よりもはやくその時期がやってきます。
それはなぜでしょう。

日本では、正午の太陽の高さは、冬至の頃がもっとも低く、夏至に向かってだんだんと、真上に向かって移動してきます。でも、夏至の一番太陽が高い季節でも、真上までは来ません。やや北側に傾いています。

フィリピンでも、冬至の頃が太陽がもっとも低い(はず)です。日本ほどではありませんが北側に傾いています。それがだんだんと真上に向かって移動してくるんですが、夏至の頃には、真上を通り過ぎて南側に傾いてしまうんですね。そうです。フィリピンの太陽は、冬至の頃に一番北側に傾いていた太陽が、だんだんと南に向かって動いていき、しばらくすると天頂を通るようになり、夏至の頃には更に天頂を通り過ぎて南に傾いてしまうのです。

これは、フィリピンが日本よりも南にあるからで、具体的には緯度26度の北回帰線よりも赤道よりにある場所では夏至の太陽が天頂を通り過ぎて南に傾いてしまうという現象がおこります。

これが夏至の時期より前に太陽が高くなり、そのしばらく後に真夏がやってくる原因と言うか仕組みです。もちろんこのほかに雨季や乾季のタイミングなど天候の問題もあると思いますが。

サテ…

130331-1.JPG
ちょっと久しぶりにご来店のアリさん。
ちょっと以前はそれこそ毎日必ず来てくれて、半日くらずっと当店で過ごしてくれていることも少なくなかったんですが、歯学生の彼。最近はとても学業が忙しいみたいです。毎日実習で歯科クリニックで患者さんを見ているそうです。それも朝の9時ころから夕方まで。いよいよ歯医者さんになる勉強も大詰めなんですね。

そんなアリさんですが、以前はよくワタクシがお相手をさせてもらっていたんですが、最近はこの人。

130331-1.JPG
ネイさんとさかんに勝負しています。
いやあ。もうホント。
ワタシがちょっとハンデをもらって勝負できるレベルじゃなくなってしまいました。
「うーん。ホントみんな上達するよなあ。」
としみじみしつつも、あまりにも上達しない自分がなんというか情けないです。

でも、ビリヤード場の従業員としてこれは断言できます。
「必ずみなさんが上達します。」
お客さんをみていてわかります。
「なんか全然上手くならないなー。」
なんて言っている方も多いですが、例外なく100%誰もが上達します。
ここで働きながら何百人も見ていますが、本当に例外なくみなさん上達します。

つーか。自分だけが例外なんですよね。なんでだろう。ウウ。
posted by ワンサイド at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。