4月9日 勇者の日 (Araw ng Kagitingan)

今日は勇者の日 (Araw ng Kagitingan) で休日でした。
3月からむちゃくちゃ休みの日が多いフィリピンです。

勇者の日 というのは、第二次大戦中に、日本軍がフィリピンのバターン半島を占領した日で、言ってみれば「バターン死の行進」を記憶するための祝日です。

バターン半島を占領した日本軍は、フィリピン人とアメリカ人の捕虜を後方に輸送する計画をたてたのですが、計画通りに進まない部分が多く、結果的に、全行程120kmのうち約60kmを徒歩で移動することになりました。

これが「バターン死の行進」です。
以前は、60kmぽっちの徒歩の移動が「死の行進」呼ばわりされるなんで、大げさなんじゃねーの? と思っていました。
日本人の場合。というか少なくとも私の世代では、遠足だとか登山だとかで、子供の頃から一日に10キロや20キロを徒歩で移動するなんて慣れていますし。

が…
いやあ、今ならわかります。

フィリピンのこの時期。

フィリピンの真夏の4月。

屋外を歩くなんて死ねます。
日本じゃないんですもん。フィリピンなんですもん。
熱射病からの衰弱で亡くなった人が多いんです間違いなく。

いやあホント。毎日毎日暑いです。
屋外に出ると空気が熱いです。
息を吸うと肺が熱いので、息を吸いたくありません(マジ)。
太陽の光に当たると、肌がチリチリと針を刺すように痛むので、日向に出たくありません。

昨年の(フィリピンの)夏は妙に短かったように記憶していますが、今年はばっちり暑い日が続いています。

いったいいつまで続くんでしょう。
posted by ワンサイド at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。