5月5日 ファイブ・シックス

日本人男性が殺害されたというニュースがありました。
============================================
フィリピン北部ルソン島のラウニオン州サンフェルナンドで1日未明、地元在住の鈴川寿さん(69)=本籍・東京=が射殺されているのが見つかった。

地元警察は殺人事件として犯人の行方を追っている。

警察によると、ナイトクラブを経営していた鈴川さんのフィリピン人の妻が1日午前3時半(日本時間同4時半)頃、鈴川さんが自宅近くで胸部に3発の銃弾を受けた状態で倒れているのを発見した。鈴川さんは、地元で高利貸をしており、住民との間でトラブルを抱えていたという。
============================================

この男性。おそらく「ファイブ・シックス」と言われる高利貸し業を営んでいたのではないでしょうか。

この「ファイブ・シックス」フィリピンの庶民の間では非常にメジャーな高利貸しのシステムで、その呼び名の通り、5借りたら6返すというもので、一ヶ月で20%の高利がつきます。



基本的には集金は毎日。
たとえば1000ペソ借りると、毎日40ペソずつの返済で、30日間の合計で1200ペソの返済になります。

この高利貸し業を営んでいるのは、インド系が多いのですが、とにかくトラブルが多いらしく、国別の在住者数と殺された人の比率を並べると、インド人がダントツの1位になるんだそうです。

フィリピンでの高利貸しは、統計的に見て非常に危険なビジネスなんです。
その危険なビジネスを営んでいた日本人が殺されてしまったという、借りるほうも貸すほうもなんでこうなっちゃうのかなあ… というニュースでした。
posted by ワンサイド at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。