5月7日 Liquor Ban(禁酒令)

LiquorBan.jpg

5月13日の総選挙の投票日にあわせ、5月9日から5月13日までの5日間、フィリピン全土でLiquor Ban(禁酒令)が施行されます。

選挙時期に殺人などの事件が非常に多くなるための措置で、従来は2日間の禁酒令でしたが、今回は5日間となりました。

5月9日から5月13日までの5日間、ホテルなどの観光客メインの施設以外では、アルコール類を一切提供できなくなります。

5月の8日の夜12時を回った時点で、一斉に酒類の販売が停止されるようです。以前は比較的緩やかな運用でしたが、今回は非常に厳しく適用されるという話も聞いています。

当店を含め、コンビニエンスストアなどでも酒類の販売ができなくなるようです。期間中にフィリピンに滞在される方はご注意ください。
※外国人は例外的に、ホテルなどの観光省から特別に許可された施設では酒類の提供を受けることは可能です。
posted by ワンサイド at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。