6月29日 『シシャ』はじめました

130629.JPG

さいきんは一般のバーでもぽつぽつとみかけるようになってきました。また専門のバーなどできたりして、流行の兆しのある水パイプ『シシャ』。

当店1Fバーフロアでも導入いたしました。
ご希望の際は従業員にお申し付けください。

全く知識がなかったので、なんだか「いけないもの」のような気がしていましたが、フレーバーは一般的にアップル、レモン、ストロベリーなどの果物の味を糖蜜でかためたもの。そのフレーバーを木炭の熱と煙で吸い込む。しかも水で洗いながら吸い込みわけですので、なんだか普通のタバコよりも身体にいい(?)カンジです。

甘〜い香りがお茶やウイスキーなんかによくあいそうです。
posted by ワンサイド at 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月28日 跳ねたほうが散る

ワタシは、テンボールのブレイクは、レールの上からでなくて、ラシャの上にスタンダードブリッジ(というかフィリピンブリッジですが)を組んでブレイクします。

平撞きブレイクってやつですかね。

あ、「テンボールのブレイクは」っていうか、エイトボールもローテーションも、ラックの真正面から平撞きブレイクですので、全部同じですねワタシの場合。

その平撞きブレイクなんですが、中指・薬指・小指をピーンと突っ張って、思い切り高くブリッジをして、上から撞き下ろすような感じにブレイクすると…

アレ?
なんだかいつもよりよく散ります。

上から撞き下ろしているので、手球はジャンプボール気味に、かなり跳ねていると思われるんですが、手球が跳ねていると、ラックが散りやすいんですかね。

オチなしで申し訳ありません。
でも、ホント散りますよ。
一生懸命強く割るよりも、跳ねさせたほうが全然散ります。
是非お試しを。
posted by ワンサイド at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月26日 激しくDSLが引きたい

実はもう数ヶ月前になるんですが引越しをしました。(当店の場所が変わったということではなくて、ワタクシの自宅の話です)

新居に移ると、例によって「さてネットを引こう」ということになるわけですが、これが未だに引けていません。引っ越したのは3月だったはずですので、まるまる3ヶ月かかって、まだネットが引けて以内という…

申し込んだのは、悪名高い、ワタシ自身も当ブログでさんざんこき下ろしたPLDTのDSL回線です。

よせばいいのになぜPLDTのDSLをわざわざ申し込んだのかと言うと、自宅コンドミニアムのロビーにPLDTの看板を掲げたキオスクみたいなのがあって、女の子が常駐しているんです。しかも「生まれ変わった高速なPLDTのインターネットを体験してください」みたいなキャンペーン中でした。

トラブルがあったら常駐している女の子に言えばいいし、キャンペーン中で安いし、生まれ変わったとか言ってるし…ということでPLDTのDSLを申し込みました。

「48時間以内に工事担当者がチェックに部屋に行きます。」ということでしたが、3日待っても当然来ません(笑) こんなのは想定内なのでなんとも思いません(フィリピン人のカミさんは怒ってましたが(笑))。ロビーで女の子に言うと「ごめんなさい。すぐに手配します。」とのこと。

その後も「まだ?」「ごめんなさい。すぐに」「まだ?」「工事の部署には何度も言っているのですが。」「まだ?」「すみません。」みたいな感じで、2週間くらい過ぎたでしょうか。どうにもらちがあかないので「あなたの上司に話をつないで欲しいので、連絡先を教えてください。」と頼み一段階上の担当者と話をしました。

電話で彼女の上司と話をすると「それは大変申し訳ない。すぐに手配しますので、どうかキャンセルはしないでくださいね。」ということなので、またしばらく待ちました。案の定なしのつぶてでしたが、1週間ほど待って再度問い合わせた結果。

「このビルの回線がいっぱいなので、申し込みは受け付けられません。」

との回答。
うわはははははははははははははは。

出た新技。
じゃあ、最初から言ってよ。
なんで1ヶ月とか待ってからこんなネタが出てくるの。

とりあえず、ここで一旦断念。

しかしこの翌週。
ロビーのPLDTのキオスクで新しいキャンペーンが始まりました。
「あれ回線が一杯だったんじゃないの?」
「いまは大丈夫みたいです」
ということで、半信半疑ながらも再度申し込み。

その後、いつもどおり放置されたり、こちらから問い合わせたり、PLDTのオフィスまで出向いたり、いろいろしました。

そしてつい先日出てきた回答。

「申し込まれた住所にコンドミニアムが見つからないので、設置は不可能です。」

あのー。こんなでっかいコンドミニアムがなんで見つからないの?
つーか。このコンドミニアムにPLDTの回線がいっぱい入ってるんですけど、なんで見つからないの? ロビーにはPLDTの電話が置いてあるし。おたくの会社のキオスクが出てるし…。住所がわかんないってどういうこと?

3ヶ月かかって
いまココ。
ふぅ。
posted by ワンサイド at 05:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月26日 フィリピン人に数次査証が発給されます

外務省報道発表

日本に行くフィリピン人に数次査証が出ることになりました。

従来は、渡航のたびにビザの申請をしなければならなかったので、2ヶ月くらい前から計画を立てていろいろと書類を提出して日本行きのビザをゲットしても、使えるのは一回だけ。次回はまたイチからやりなおしでした。

それが、今回の変更で…
・有効期間3年。
・一度の滞在は15日まで。
・でも期限内なら何度でも日本に行ける。

というビザが発給されることになりました。

観光客として日本にいくごく普通のフィリピン人にも有効期限3年のビザが発給されるわけで、「フィリピン人のガールフレンドを日本に呼びたい」なんていうのも、(以前に比べれば)それなりに気軽にできるようになってきましたね。
posted by ワンサイド at 04:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月25日 中国ショック?

130625.jpg

フィリピンではほとんど報道されていないので、中国にいる知人から連絡があるまで知らなかったのですが、中国では軽く金融パニックが起こっているんだそうですね。

中国にいるその彼女によると、ATMがシステムダウンしていたり、一般の生活レベルまで影響が出ているそうです。

金利の急騰と株価の急落で「中国ショック来たか!」「中国経済崩壊!」なんていわれちゃったりしていますがどうなんでしょう。実際に当店にいらっしゃる中国国籍のお客さんの数は、確実に減っています。うむむむむ〜。

逆に、中国の人民元への不安から日本円の買いが入っているそうで、日本円は円高方向に若干振れていて、円とペソのレートも1万円=4400〜4500円くらいで落ち着いています。取引が円ベースだったり収入が円ベースだったりする、マニラの日本人ビジネスマンたちからは「ほっと一息」的な話をよく聞きます。

マニラの街でお店をやっている身としましては、世界中のみなさんが景気が言いに越したことはないわけですが、やっぱりあんまりそういう局面というのは、ないんですよねえ。

なんとなく雲行きがあやしい今日この頃。
今後どういう展開になるんでしょうか。
posted by ワンサイド at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月24日 新雪を踏みしめるよう

130624.JPG

常連さんのHさんがひさびさにタップを交換されました。
前回と同じカムイのブラックSです。
厚みがなくなってきてフィーリングが変だということでチェンジ!

タップ交換の作業を済ませて早速試し撞き開始。
「ん〜。いいねぇ。」
よかったよかった。
「なんかこう、新雪を踏みしめるようなね。わかるぅ?」
ん〜むむむ。それはいったいどんな…
「撞いたときの音というか感触というか、その中間のようなものが、新雪をブーツで踏んだときのように『きゅきゅっ、きゅきゅっ』とね。」

ああ。
靴底が雪を掴んでいるような。
でも新雪ならではの湿り気の無い感触。

なるほど。
あの感触ですね。

気がつけば、4年半一度も日本に帰っていないワタシ。
ひさびさに雪のことなんかを思い出しました雨季のマニラです。あはは。
posted by ワンサイド at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月23日 Joan "Bubuwit" Chua vs. Ronarto Alcano

130623-1.JPG

130623-1.JPG

Joan "Bubuwit" Chua vs. Ronarto Alcano
Tenball, Race to 15

Joan "Bubuwit" Chua 8 - W Ronarto Alcano

2年くらい前は、このふたりがノーハンデでやるなんてありえないことでした。
でもここのところ急にBubwitが強くなってきて、ついに今日はノーハンデでやることに。

今日はBubuwitの負けでした。彼はジャパンオープンで日本にいくそうです。
日本での活躍を期待したいですね〜
posted by ワンサイド at 05:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月22日 ビニール袋禁止令

今日、所用でとなりのマカティ市に行ってきました。
コンビニでペットボトルの飲み物を2本買ったところ、紙袋に入れてくれました。

ビニール袋でなくて紙袋です。
「あれ?」
っと思ったんですが、すぐに「ああアレか。」と思い当たりました。

つい先日マカティ市でビニール袋や発泡スチロール容器の使用禁止令が出たんです。20日から施行になったはずです。
目的は洪水の防止。
ビニール袋が排水設備に詰まるのが、洪水の原因のひとつということらしいです。

この条例のせいで、コンビニやスーパーのビニールとか発泡スチロール系の容器が紙に置き換わっているんですね。ワタシの子供の頃は買い物袋といったら紙袋でしたが、最近は耐久性が高くて便利なビニール袋に慣れてしまっているので、いまさら紙袋に戻れといわれても正直抵抗があります。

30分も雨が降れば、そこらじゅうの交差点が水没してしまうマカティ市の洪水による経済的損失を考えれば、あらゆる対策を講じざるを得ないのでしょうが、でもここまで深く生活に浸透してしまっているものを、条例一発で排除するのも大変な話です。排水溝にビニール袋が詰まるから使用禁止というのもいいとは思いますが、ゴミを排水溝や川にポイ捨てしちゃう習慣をどうにかしないと、最終的には解決にならないですよね。

この条例はマカティ市のものなので、ワタシが住んでいるマニラ市では、相変わらずビニール袋や発泡スチロール容器を使いまくりです。
posted by ワンサイド at 06:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月21日 メイド・イン・フィリピン

フィリピンにはメイドさんがたくさんいます。
日本には超裕福だったり何か事情があったりする家庭にしかいないと思われるメイドさんですが、フィリピンでは、中流家庭の多くがメイドさんを雇っています。背景には女性の社会進出だとか、人件費の安さだとか、失業率の高さだとかいろいろな事情があるのですが…

そんなフィリピンのマニラにあります当店で…
「なあ、1Fバーフロアのユニフォームにメイド服を導入しよっか?」
と従業員の女の子たちに相談したところ、皆「えええぇええ!」と大反対。

130621.JPG

フィリピンのメイドさんは、日本のコスプレで一般的なこういう↑メイド服ではなくて、病院の看護師さんみたいな服を着ているのが一般的なんですね。看護師さんといっても女性のナース服ではなくて、主に男性の看護師さんが着ているような白衣と白ズボン。

「いやあ。そうじゃなくてJapanese Otakuスタイル(笑)のメイドコスチュームね」
と説明しても、ちょっと要領を得なかったので、ちょうど来比する予定のあった日本の知人にたのんで、もってきてもったのが、上の写真のメイド服です。

さっそく着てみてもらったところ「かわいい!」と大好評。

これをマニラのテーラーさんに見せて、似たものをつくってもらい、制服として導入する予定です。
posted by ワンサイド at 04:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月20日 ハッピーバースデイ ブライアン

今日はブライアンさんの誕生日パーティ。
1Fバーフロアを貸し切っていただきました。

130620-1.JPG

130620-1.JPG

130620-1.JPG

130620-1.JPG

130620-1.JPG

130620-1.JPG

そういえば、1年前の前回の誕生日も当店でバースデイパーティをやっていただいているんですよね。

http://onesidebilliards.seesaa.net/article/276126474.html

また来年も、次の年も、そのまた次もずーーーっとできるといいですねえ。
posted by ワンサイド at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月19日 ビリヤード専用

ビリヤードって下から睨み上げる(?)ような感じで手球や的球を見るので、メガネをかけているとレンズの無い場所から見ることになってしまったり、ちょうどフレームがじゃまで球が見えなかったりしますよね。

130619-2.JPG

イラン人歯学生のアリさんが、ビリヤード専用につくったメガネです。
フチなしメガネをちょっと上に伸ばしたものですね。

130619-2.JPG

かけるとこうなります。
視線の通っている部分にはジャマなフレームもなく、しっかりレンズがカバーしているので、とてもよく見えるそうです。でもちょっとアタマがぐるぐるするとも言っていました。

いかがでしょうか。
ビリヤード専用メガネ。
これで通常の3倍入ります。
posted by ワンサイド at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月18日 FLOOD ALERT!

130618.jpg

つい先日まで「暑い暑い暑すぎ!」と文句を言っていましたが、イッキに雨季に突入したようで毎日雨が降っています。

マニラの雨季といえば洪水と洪水による通行不能や渋滞。
お店でお客さんをお待ちしている当店のようなお店としましては、頭の痛い季節になってきました。

ちなみに夕方にドカっと雨が降るとマニラ首都圏がどんな具合になるかといいますと、わかりやすいのがMMDA(首都圏開発局)の出すアラート。
こんな感じです。

MMDA(首都圏開発局)フェイスブックファンページ。
https://www.facebook.com/MMDAPH

ADVISORY: MMDA has deployed rescue teams and rubber boats in Quezon Avenue, Biac na Bato and Cubao.
※MMDAはレスキューチームとゴムボートをケソンアベニューに出発させました。

FLOOD UPDATE: EDSA Megamall, EDSA Santolan, EDSA Camp Aguinaldo & EDSA Main Ave. NB; already subsided & passable as of 8:08 PM.
※EDSA Megamall, EDSA Santolan, EDSA Camp Aguinaldo & EDSA Main Ave.が通行可能になりました。

FLOOD ALERT: Blumentrit towards UST both direction; knee deep. Not passable to light vehicles as of 6:35 PM. Expect heavy traffic.
※BlumentritからUSTは上り下りともに膝までの深さ。乗用車は通行不可。渋滞が予想される。

FLOOD ALERT: C5 Bagong Ilog NB; half tire; Not passable to light vehicles as of 6:35 PM. Expect heavy traffic.
※C5 Bagong Ilogはタイヤ半分の深さ。乗用車は通行不可。渋滞が予想される。

FLOOD ALERT: Biak Na Bato Quezon Ave. Westbound; knee deep. Not passable to light vehicles as of 6:25 PM.
※Biak Na Bato Quezon Ave.西行きは膝の深さ。乗用車は通行不可。

普通にそこそこ降ったなあという程度でしたが、マニラ首都圏の幹線道路は上記のようにあちこちで水没、通行不可能、渋滞となります。
この季節は注意が必要ですよ〜。
posted by ワンサイド at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月17日 世界の藤原とうふ店

130617-1.jpg

当店近隣のショッピングモール ロビンソン・エルミタで、トーヨータイヤ・フィリピンがイベントで改造車の展示をしていました。
イベントといってもただクルマを置いてあるだけで、トーヨータイヤののぼりも小さいのが二本ほど立っているだけでした。何かを説明したり宣伝したりということは全く無かったので、おそらく会社の関係者が個人的なコレクションを誰かに見せたかったといのがメインなんじゃないでしょうか。同じクルマ好きとしてその気持ちとてもよくわかります(笑)

たくさん展示されていたクルマたちのなかで、ワタシの目を引いたのはこちら。

130617-1.jpg

人気漫画『頭文字D』の主人公藤原巧が駆るトヨタ・スプリンター・トレノ。型式名称: AE86。通称ハチロクです。白と黒のカラーリングから「パンダトレノ」なんて言ったりもします。

130617-1.jpg

しかもドアには、漫画の設定のとおり「藤原とうふ店(自家用)」のレタリングが…
フィリピン人には書けるわけもないし読めるわけもないんですが、漫画のファンなんですねえ。

こちらフィリピンでも『頭文字D』は人気です。マンガ本が売られているのを見たことはありませんが、アニメ版がケーブルテレビのアニメチャンネルでも放送されていますし、DVDは英語版、タガログ語版、公式版、非公式版、いろいろと売られているようです。

フィリピンの峠道はガードレールのない一発死亡の道が多いので、マンガにあるような「峠の走り屋」というのはあまりいない(と思う)のですが、やっぱり男の子が好きなものは世界どこでも同じです。
posted by ワンサイド at 05:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月16日 両替商銀座!

以前に「1万円=3000ペソもある!」みたいなエントリーをしましたが…

http://onesidebilliards.seesaa.net/article/361893304.html

見事に現在 1万円=4500ペソ台まで戻っています。
あはははは。

黒川さんの「異次元緩和」がスタートした時点で「1万円=3000ペソもある!」は大いにあるシナリオですので、いまだに実現する可能性はかなり高いのですが、今後、日本政府が弱気になってアベノミクスが中途半端になったり、米国や中国ががキレて日本の目論見がはずれたりすると、まったくシナリオが違ってきてしまいます。

「要するに先のことは全然わかんないや」ってことですね(笑)

サテ…
今日のエントリーは為替つながりです。
フィリピンの街中には「両替商」がたくさんあります。
ドルやユーロなど外国のお金を両替するのは、日本では銀行の仕事になっているので、街中で両替商の店舗をみかけることはないのですが、フィリピンではおそらくかなり簡単にライセンスが降りるのでしょう。かなりたくさん見かけます。

実際のところ、当店の周囲にもたくさんあります。

130616-1.jpg

ちなみに、当店のあるMabini通りのSoldado通りの角からSalas通りの角までの1ブロック。この地図の赤い線のほんの数十メートルの部分だけで…

130616-1.jpg
1軒

130616-1.jpg
2軒

130616-1.jpg
3軒

130616-1.jpg
4軒

130616-1.jpg
5軒

130616-1.jpg
6軒

130616-1.jpg
7軒もあります。

レストランや銀行がつぶれて立ち退くと、跡地になぜか両替商が入ります。
そんなに儲かるんですかねえ。
posted by ワンサイド at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月15日ビザ発給要件緩和!

================================================================================================
政府は11日、観光立国推進閣僚会議を開き、東南アジア向けの査証(ビザ)の発給要件を今夏から緩和する方針を正式決定した。 タイとマレーシアはビザ取得を免除、ベトナムとフィリピンは期限内であれば何度でも訪日できる数次ビザを発給する。
=================================================================================================

観光客の増加を狙い、政府がビザ取得のハードルを下げるというニュースです。

現在、フィリピン人が日本に観光目的で入国しようとする場合、ビザの申請時に、日本人の身元保証人を立てる必要があります。

パッケージツアーを使った観光の場合はこの身元保証書の提出が免除になるので、パッケージツアーを使う場合はいいのですが、そうでない場合には、日本に観光旅行をしようとするだけであっても、日本人の友人、知人や家族がいないと、ビザの申請自体が不可能な仕組みになっています。

たとえば、アメリカ人の身元保証人がいないとアメリカに入国できない。フィリピン人の身元保証人がいないとフィリピンに入国できない。といわれたらどうでしょう。たかが観光旅行のために、何枚もの書類に身元保証人のサインが必要で、何度も国際郵便のやりとりをしなければならないとしたらどうでしょうか。

もんのすん〜〜ごく面倒です。
観光旅行自体を中止したくなくなるに違いありません。

実は私は何度かフィリピン人のビリヤードプレイヤーを日本に入国させるためのビザの書類の準備をしたことがあるのですが、とーーーーーっても面倒でした。身元を保証を宣言する書類だけでなく、保証人の身元を証明する書類だとか、旅行の日程表まで提出しなければなりません。

現状、この面倒な書類の提出を伴うビザの申請は、旅行のたびに毎回必要なのですが、今夏のビザ発給要件緩和措置で、どうやら、多少ラクになるようです。

ビザの申請も身元保証人もそれ自体は相変わらず必要なようですが、ビザを一度取得すると、ビザの期限内は何度も日本に行けるようになるみたいです。

日本が大好きで、定期的にフィリピンやベトナムから日本に通っていらっしゃるリピーターの方には朗報ですね。
posted by ワンサイド at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月14日 ネットワーク死亡

昨日、店内のネットワークが完全死亡。
何度も何度も故障して交換してもらった前科のある、インターネットプロバイダーから支給されているモデムの故障を疑う癖のついている私は、反射的に怒りを沸騰させて、カスタマーサービスに電話。

130614.JPG

電話口のお姉さんは「はい。では、コンピューターのブラウザ画面に出ているエラーメッセージを教えてください。」などなどと、マニュアルどおりの応対を開始してくれたのですが、なぜか既に怒っている私はそれをさえぎり…

「いやいやいや。いつもと同じだし。またモデム壊れたし。はやく交換して欲しいし!!!」とゴリ押し。

とりあえずサービスマンが着てくれることになったのですが「どうせ200回くらい電話しないと来ないでしょ」と、期待せずにいると、なんと昨日の今日で早速着てくれました。

早速診断開始。

結果。
「モデムは壊れてません。店内のLANが断線してますね。」
とのこと。

新しくケーブルを買ってきて配線しなおしたら直りました。

疑ってごめんBayantel。
今回はキミのとこのせいじゃなかったヨ〜。
posted by ワンサイド at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月 San Miguel Flavored Beer

130612.JPG

最近けっこう人気があるのが、コチラの2本。
フィリピンが誇るサンミゲルコーポレーションの新製品。アップルとレモンです。

フレイバード・ビールというやつで、ビールの味もするしアルコールも入っているんですが(3%)それぞれに、アップルとレモンの味がついています。

一昨年のくらいに試験的にコンビニで売られて入たりしたのですが、今年になって本格的に販売が始まり、人気が出てきたようです。

私が好きなのは、どちらかというとアップルのほうですかね。
私にはちょっと甘すぎるので、私はこのアップル味とサンミゲルライトを、ロングのグラスで1:1でミックスして氷を入れて飲みます。

甘いカクテルが好きな方にもイケルと思います。
お試しください。
posted by ワンサイド at 04:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月11日 エフレンのプール教室



日本からいらっしゃったお客さんしばたさんに、エフレンがフットスポット上でくっついたボールの入れ方を教えている様子の動画です。
posted by ワンサイド at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月10日 フィリップ・ストヤノウィック選手帰還

130610.JPG

ひさしぶりに来てくれました。
クロアチアのハンサム青年、フィリップくんことフィリップ・ストヤノウィック選手。
「フィリピンはいまはトーナメントはないし、チャイナオープンの帰りなの?」
なんて聞いたところ、
「実は、プロフェッショナル・プレイヤーとしてはもう、ビリヤードはやめたんだ。今回はガールフレンドのところに来るのが目的で、ビリヤードをプレイするために来たじゃないんだよ。前はエアポートから、ここに直行だったけどね。」
クロアチアでプロのビリヤードプレイヤーとして生きていくことの困難さについて、いろいろ説明してくれました。

ちょっと残念ですが、これもひとつの別れですね。
家族や親友とですら、永遠に一緒にいることはできません。
出会いと別れの繰り返しが人生の必然です。

プロビリヤード選手としてのキャリアをはなれて、人生の舵を切る決心をしたフィリップくん。
グッド・ラック!
posted by ワンサイド at 05:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月9日 リュックは前に

130609.JPG

フィリピンリピーターのみなさんは、こんな風にバックパックを身体の前に背負っている人たちを見たことあるんじゃないでしょうか?

市場やスーパーマーケットの中など、非常に混雑した場所では、みんなこんな感じで荷物を身体の前に回しています。理由は簡単で、目の届かない背面に荷物があると、勝手にファスナーを開けられたり、布の部分をナイフで切られたりして、中身を盗まれてしまうからです。

それから、普通の街中でこんな風にしてリュックを身体の前に回して歩いているのは、おそらくほとんどが企業のメッセンジャーボーイたちです。

中身は公共機関に提出する書類だったり、支払いのための小切手だったりします。

フィリピンでは企業間の支払いは、小切手を人の手で運ぶことによってされるケースが多いです。
もちろん、フィリピンにもインターネットを使ったオンラインバンキングのシステムはあるのですが、あまり活発に利用されてはいません。こちらの理由も案外単純なものです。

ひとつは、人件費が安いこと。
2〜3件振り込むことを考えると、振り込み手数料より日当のほうが安いんですね。

二つ目は、振込みの料金の計算がとっても面倒なこと。
フィリピンの振込みは、振込み側と振り込まれ側の両方に手数料がかかります。しかも、各銀行で料金がばらばらな上に、Webサイトなどを見ても、料金についてはっきり表示が無いのでいくらなのかわかりません。
それからフィリピン的にはありがちなんですが、銀行に問い合わせても、従業員が料金を知らなかったりします。
結果、料金が不明なままテキトーに振込みをすると、1万ペソちょうどの支払いをしなければならないのに、着金の金額が10,017ペソとかそいういう微妙な金額になってしまったりします。企業の経理担当者としては、この微妙な差異がとってもうっとうしいらしく、かなり嫌われます。
だったらオンラインなどで支払われるより、多少手間がかかっても、ズバっと1万ペソの小切手を振り出してもらったほうがいいんですね。

三つ目。
着金のタイミングが明確なこと。
なぜなのかよくわかりませんが、フィリピンでオンラインでお金を動かすと、着金がなぜか三日も四日もかかることがあります。いつ着金するのかさっぱりわからないのです。
小切手ならば、銀行に持っていけばその場で現金になるので、とっても明確です。

企業間の支払いだけでなく、個人対企業などの支払いにも小切手が必要な場面もあります。フィリピンでは家賃の支払いが「小切手のみ受け付ける」という条件になっていること多いです。フィリピンへの移住を考えている場合には、小切手が使える銀行口座の開設が必要になることがあります。
posted by ワンサイド at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。