6月8日 セットアップ

今夜のことです。

なんとワタシの直接の友人がセットアップに遭ってしまいました。
本人了承の上、危険回避のために情報共有させていただきます。

彼は今日、出会い系サイトで知り合った女性と食事に出かけたそうです。
会ったのは今日が初めて。
食事の席にはその女性と彼女の友人がいっしょに登場。食事をしつつ意気投合した3人は、女性の家に行って飲もうということになりました。

女性の家に着くと、更にもう一人別のかなり若い女の子が登場、その女の子はなぜか非常になれなれしい態度で「マッサージをしてあげる。あなたも私にマッサージをして。」などと迫ってきました。

そこでなぜかタイミングよく、他の二人の女性は「飲み物がなくなったから買いに行って来る。」「家族に連絡をとりたいからインターネットカフェにいかなきゃいけない。」などと理由をつけて外出してしまいました。

二人だけになったところで女の子は更に大胆に、下着をはずして迫ってきましたが、好みのタイプではなかったため(一般的な基準からしてかなり不細工な女の子だったとか)彼が拒否したにもかかわらず、しつこくせまられたため、仕方なく手で身体を触れる程度に付き合ってやったそうです。

ここでトラブル発生。
女の子がおなかが痛いと言い出しトイレへ。
さらにそこにタイミングよく帰ってきた別の女性は、トイレをチェックすると「出血しているじゃないのどうしたの」「クスリを買ってこなくちゃいけない」と騒ぎ始めました。

5分後、クスリを買いに行った女性は、白衣を着た「医者」を名乗る男性と一緒に帰宅。
白衣の男性の「診察」がはじまり、病院に行って局部を縫う必要があるという「診断」が下りました。

私のところに電話があったのはこの辺りのタイミングだったようです。

女の子は17歳。さあどうするんだ。というわけです。
どうみても金銭目的セットアップ(でっちあげ、ひっかけ)ですが、下手にこちらが騒ぎ立てて警察沙汰などにしても、外国人である我々に不利な展開になりがちです。
フィリピンでは18歳未満は未成年で、18歳未満との性交渉は非常にデリケートな問題です。仮に「レイプ」が成立した場合には無期懲役刑です。

とりあえず私は住所を聞き出し、駆けつけようとしたのですが、その女性と電話で話しても住所を教えてくれません(当然ですかねえ)。

その後1時間くらい何度も電話をかけたり、切ったりしていたのですが、ついに「5万ペソを支払ってくれ」という落としどころが見えてきて、5万ペソは持ち合わせがないので彼の自宅にお金を一緒に取りに行こう。と話がまとまったそうです。

しかし自宅バレはまずいです。
女性に電話をかわってもらい「ハイアットホテルまできてくれ。ハイアットホテルまで来てくれれば、足りない分の現金は私が渡すから。彼からお金をもらっても私からもらってもおなじだろう。何の問題がある。」と、タガログ語でまくし立て、友人を電話口に呼んで「やっぱり自宅にお金はないと言って、意地でもハイアットに来てください。」と彼に説明しました。

電話を切った後、彼が「ハイアットにいる友達がお金を貸してくれるから、ハイアットに行こう」と、何度も食い下がったところ「ハイアットは遠いからイヤだ」と、彼を路上に残して立ち去ったそうです。

「ハイアットに来い」と、へたくそなタガログ語でワイワイ言うあやしい日本人を警戒して、面倒な話になる前に逃げようと思ってくれたんでしょうか。とりあえず、ポケットの中にあった現金だけの被害で今回は済んだようです。

いわゆる典型的な美人局タイプのセットアップです。
今回の被害にあった友人はフィリピンのことをかなり知っている在住者で、このタイプのセットアップの存在についても知っていました。
しかし、知っていても被害に遭ってしまうくらいフィリピン人の見せるフレンドリーさは巧妙なんですね。


今回はたまたまポケットの現金で済んだから良いものの、もし今回登場した偽(?)医者が、医者でなくて、警官だったらどうなっていたでしょうか。外国人であるところの我々の説明がきちんと聞き入れられない可能性は大いにあります。有罪となればもちろん投獄です。レイプが成立した場合には無期懲役です。

獄中の生活は日本人にとって相当に過酷だそうで、食事は砂利混じり、当然囚人仲間に縁故などのない日本人は新人の下っ端として扱われ、寝るときはトイレで雑魚寝。風呂もシャワーもいっさいなし。夜になるとときどきシーツを被されて意味も無くボコボコに殴られる。なんていう話を聞いたことがあります。

お笑い芸人の長井秀和のスキャンダルをご存知の方もいるとおもいますが、彼は似たようなセットアップに遭い1000万円支払っています。

これは何も珍しい話ではなく、数ヶ月にいっぺん何度か定期的に発生する事案です。水面下では何倍も何十倍も起こっているはずです。
冤罪が明らかであっても、もちろん日本大使館は一切助けてくれません。内政干渉になるからでしょうか。警察署内から電話をしても「警察の指示に従ってください」と言われるだけです。

フィリピンで生活するということは、一歩ふみはずしただけで、一瞬にしてこういった危機が100パーセントの現実として身に降りかかってくる可能性が常にあるということです。

私も「ここで対応をちょっとでも間違ったら死ぬ可能性あるな」というような緊張感を覚えることが、年に何度かはあります。

気をつけましょう。油断禁物です。
posted by ワンサイド at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月7日 ワタシ以外は全員上手くなる法則

Mitzさんとの対戦ですが、さんざん負け越しているので、

2月4日 5連敗
http://onesidebilliards.seesaa.net/article/318865730.html


2月3日 ミツさんに3連敗
http://onesidebilliards.seesaa.net/article/318544727.html


今回ハンデをいただいて対戦することになりました。
テンボールで9番をハンデにもらって7先。

結果は…
負け!

うわぁぁあああ。
数ヶ月前はこちらからハンデをだしたりしていたのが、やっぱりまた法則発動。
みなさんしっかり上達されているのに、ワタシだけそのまま。そのままっていうよりもしかしたら下手になっているのかも。

130607.jpg
このくらいの角度のサイドがどうしても入りません。
posted by ワンサイド at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月6日 Miso-Ten

当店至近のショッピングモール、ロビンソン・エルミタにラーメン屋さんがオープンしました。

130606-1.JPG

ミッドタウンウイングのスターバックスの隣です。
一度、ミッドタウンEXITから外に出る感じになります。

130606-1.JPG

130606-1.JPG

Miso Tenの店名のとおり、みそラーメンと天丼がウリのお店のようです。


今回注文してみたのは、このとんこつラーメン、ぎょうざ、チャーハンのセットと
130606-1.JPG

130606-1.JPG
タンタンメン、ぎょうざ、チャーハンのセット。

味のほうは…

うーーーーーーーん。

マズイ。
おいしいかったといいたいところですが、せっかくのクチコミですので正直にお伝えします。
これはオススメできません。

烏骨鶏ラーメン龍、山頭火など普通においしいラーメン屋さんが増えてきたいまのマニラで、この味はないですね。

「マニラだし日本食はこのくらいの味でしょうがないでしょう」と、誰もがあきらめていたのは3〜4年くらい前の話。今は不味いと無理です。

残念ながら今回は☆ゼロ!
ブログネタのために入ってみたお店でしたが、このくらい不味いとやっぱりカナリがっかりでした(笑)
posted by ワンサイド at 06:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月5日 フィリピン国内線の旅客機がオーバーラン事故

日曜日の夜にダバオ空港でセブパシフィックの飛行機が着陸時にオーバーラン事故を起こしていました。

130605.jpg

幸いなことに、着陸した飛行機が滑走路脇の草地に突っ込んで止っただけで、死者も負傷者も出ませんでした。

しかし、その後の展開が実にフィリピン的でした。

1.ワイパーが壊れていた。
事故当時はいわゆるスコールで雨天だったようですが、事故機のワイパーが故障していたそうです。
ありがち。
ワイパーなど、普段はさほど必要の無い装備が実は壊れているというのは、フィリピンでは実にありがちです。

2.おなかがすいていた。
「... factors such as fatigue and hunger may have led the pilot of the Cebu Pacific aircraft to drive off the runway...」
捜査当局から「パイロットの疲労と空腹が事故原因かもしれない。」というようなコメントが出ています。
つかれていた、気分が悪い、おなかがすいていた、眠かった、渋滞していた、頭が痛い、おなかが痛い、雨が降っていた、などなど「ここは保育園?」というような言い訳に、フィリピンで生活していると、あらゆる場面で遭遇します。

3.セブパシフィックは事故機のお客さんを無視。
事故機から空港施設に戻った乗客に対して、グランドスタッフは全くなんのケアもしなかったそうです。事故機から雨の中空港施設まで歩かされ、そのまま解散したそうです。
事故対応の指示を出さない上層部と、指示がないので事故対応は自分の仕事じゃないと思っている現場。とってもフィリピン的です。

4.事故機からの脱出に30分かかった。
事故後、機長からのアナウンスや、乗客の脱出が始まるまで30分かかったそうです。



セブパシフィック航空は、「踊るフライトアテンダント」の動画など、楽しい航空会社としてたびたび話題になっています。
ダンスの練習はするのに、緊急脱出の練習はしないんですね。


セブパシフィックはダブルブッキングが原因の乗機拒否などで近頃評判の悪い航空会社です。関空〜マニラ間を飛んでいますが、評判が悪いだけならまだしも、安全面にも問題があるとなると、正直オススメできないエアラインだと思います。
posted by ワンサイド at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月4日 フィリピンにもある体罰やいじめ

『貧困や高い失業率などに苦しんではいるものの、いじめ、体罰、児童虐待など、精神の歪みからくるような、陰湿な問題はフィリピンには存在しない。』

…などと誤解されがちですが、
ジメジメとした問題はきっちり存在します。
弱者を苛むような問題は、日本などよりよほどあからさまで、とっても多いんじゃないでしょうか。



これは、児童を虐待した教師に対する母親たちの抗議行動を報道したニュース映像。
この映像のなかに実は当店の従業員がちょっと映っています。
彼女も働くママで、子供を守るためにがんばっているんですね。
posted by ワンサイド at 07:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月3日 フィリピンで飲酒運転の取り締まりが始まる?

マニラでは飲酒運転の取り締まりが事実上ありません。
そのため、フィリピン在住の方はご存知かと思いますが、まったく気にせずに酔っ払い運転をしているドライバーも結構います。

それが今回、アキノ大統領が、飲酒運転を厳罰化する法案にサインしたそうで、一気に状況が変わる可能性があります。

130603.jpg

それによると…

飲酒していて、人身事故でなかった場合:
罰金2万〜8万ペソおよび禁固3ヶ月以上。

飲酒していて、人身事故を起こした場合:
罰金10万〜20万ペソおよび禁固最高12年。

飲酒していて、死亡事故を起こした場合:
罰金30万〜50万ペソおよび禁固最高12年。

だそうです。
またアルコール検査キットを使用した飲酒検問も実施するそうです。

もちろんペナルティのあるなしにかかわらず、飲酒運転はダメなんですが、フィリピンで運転される方はくれぐれもお気をつけください。
posted by ワンサイド at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月2日 Jundal Mazon のキューケース

130602-1.JPG

"ジャノ"ことJundal Mazonに、キューケースの中身を見せてもらいました。

130602-1.JPG

130602-1.JPG

プレイキューはプレデター。シャフトは314-2です。

130602-1.JPG

ブレイクもプレデター。BK2。

130602-1.JPG

ジャンプキューにはジェレミー・ジョーンズと

130602-1.JPG

バディ・ホールのサインが入っています。

130602-1.JPG

小物がいっぱい。
エクステンション、ベビーパウダー、ドライタッチパウダー、目薬、モーリタップの缶、マスターのチョーク、タップ整形ツール、タオル、紙やすり、手の中で転がすマッサージ器具みたいなやつ…

130602-1.JPG

モーリの缶の中身は、カムイとプレデターのチョーク。それからタップ。

かなり整理されています。
裸の大将みたいな外見ですが、几帳面な人なんですね。
posted by ワンサイド at 04:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月1日 セレンドラでガス爆発

130601.jpg

ボニファシオ・グローバル・シティの高級コンドミニアム「セレンドラ」で爆発がありました。

警察の発表によると、爆弾テロではなくガス爆発だとのこと。
いまのところ住人に死者は出ていませんが、なんと吹き飛ばされたコンクリートの壁が、コンドミニアムの下を走っていた家電量販店「アベンソン」の配達用バンを直撃し、3名が死亡したそうです。

ボニファシオ・グローバル・シティといえば、その街全体が「アヤラ・ランド」というフィリピン随一の財閥の私有地で、ジープニー等の庶民のための公共交通機関の乗り入れを禁止しており、また、小さな建物を建てる許可を一切出さないために「お金持ちしかいない街」として有名です。

貧困層や一般庶民は、住むことが出来ないばかりでなく、街に入ってくることが出来ない構造になっています。そのため「セレンドラ」などの高級コンドミニアムは治安の良さがウリのひとつで、日本人もたくさん住んでいます。

その「セレンドラ」で起こった大規模はガス爆発。
単純な住人の過失によるものなのでしょうか、それともアヤラ・ランドの施工の手抜きなどによるものとして問題になるのでしょうか。

とにかく去年と今年は「ここは大丈夫。ここは安全」と思われていた場所でのテロや事故が頻発しています。
posted by ワンサイド at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月31日 南ミンダナオ各州への渡航延期勧告


View Larger Map

==================================
在フィリピン日本国大使館メールマガジン
==================================

1 アブサヤブグループ(ASG)が,フィリピン南東部ミンダナオ地方南ザンボアンガ州ザンボアンガ市において日本人を標的とした誘拐計画を立て行動しているとの情報に接しました。

2 つきましては,ザンボアンガ市及びその近郊に在住している邦人の方は,情報収集を努めるとともに,細心の注意を払ってください。また,同市及び同市近郊へ渡航を計画されている方は,渡航の中止を含めご検討ください。なお,渡航情報では,すでに南ミンダナオ地方各州に対しては,「渡航の延期をお勧めします。」を発出していますので,併せてご確認ください。

==================================
posted by ワンサイド at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。