6月26日 激しくDSLが引きたい

実はもう数ヶ月前になるんですが引越しをしました。(当店の場所が変わったということではなくて、ワタクシの自宅の話です)

新居に移ると、例によって「さてネットを引こう」ということになるわけですが、これが未だに引けていません。引っ越したのは3月だったはずですので、まるまる3ヶ月かかって、まだネットが引けて以内という…

申し込んだのは、悪名高い、ワタシ自身も当ブログでさんざんこき下ろしたPLDTのDSL回線です。

よせばいいのになぜPLDTのDSLをわざわざ申し込んだのかと言うと、自宅コンドミニアムのロビーにPLDTの看板を掲げたキオスクみたいなのがあって、女の子が常駐しているんです。しかも「生まれ変わった高速なPLDTのインターネットを体験してください」みたいなキャンペーン中でした。

トラブルがあったら常駐している女の子に言えばいいし、キャンペーン中で安いし、生まれ変わったとか言ってるし…ということでPLDTのDSLを申し込みました。

「48時間以内に工事担当者がチェックに部屋に行きます。」ということでしたが、3日待っても当然来ません(笑) こんなのは想定内なのでなんとも思いません(フィリピン人のカミさんは怒ってましたが(笑))。ロビーで女の子に言うと「ごめんなさい。すぐに手配します。」とのこと。

その後も「まだ?」「ごめんなさい。すぐに」「まだ?」「工事の部署には何度も言っているのですが。」「まだ?」「すみません。」みたいな感じで、2週間くらい過ぎたでしょうか。どうにもらちがあかないので「あなたの上司に話をつないで欲しいので、連絡先を教えてください。」と頼み一段階上の担当者と話をしました。

電話で彼女の上司と話をすると「それは大変申し訳ない。すぐに手配しますので、どうかキャンセルはしないでくださいね。」ということなので、またしばらく待ちました。案の定なしのつぶてでしたが、1週間ほど待って再度問い合わせた結果。

「このビルの回線がいっぱいなので、申し込みは受け付けられません。」

との回答。
うわはははははははははははははは。

出た新技。
じゃあ、最初から言ってよ。
なんで1ヶ月とか待ってからこんなネタが出てくるの。

とりあえず、ここで一旦断念。

しかしこの翌週。
ロビーのPLDTのキオスクで新しいキャンペーンが始まりました。
「あれ回線が一杯だったんじゃないの?」
「いまは大丈夫みたいです」
ということで、半信半疑ながらも再度申し込み。

その後、いつもどおり放置されたり、こちらから問い合わせたり、PLDTのオフィスまで出向いたり、いろいろしました。

そしてつい先日出てきた回答。

「申し込まれた住所にコンドミニアムが見つからないので、設置は不可能です。」

あのー。こんなでっかいコンドミニアムがなんで見つからないの?
つーか。このコンドミニアムにPLDTの回線がいっぱい入ってるんですけど、なんで見つからないの? ロビーにはPLDTの電話が置いてあるし。おたくの会社のキオスクが出てるし…。住所がわかんないってどういうこと?

3ヶ月かかって
いまココ。
ふぅ。
posted by ワンサイド at 05:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。