7月1日 全力で逃げましょう

昨日の明け方の話です。
昨日の営業が終了して歩いて帰宅する途中、右のわきの下に挟むようにしていたリュックサックをイキナリ前から引っ張られました。

引ったくりです。
10代半ばの少年4人くらいがワタシを取り囲む感じになっていました。
自宅まで100メートルくらいのところまで来ていたので全力疾走で逃げました。

まあ何ともなかったんですが、いま考えるとちょっとぞっとします。
ちょうど一週間ほど前、近所で韓国人が射殺されているんです。

目撃者によると、子供10代の少年たちに囲まれてバッグをひったくられそうになった韓国人が抵抗していると、3人の大人が加勢に現れていきなり拳銃で撃ったそうです。

日本人的な感覚からすると、銃が出てきたら「抵抗せずにバッグを置いて行け」なんて、まずは交渉があると考えがちですが、フィリピンではいきなり撃たれたという話をよく耳にします。

コンビニ強盗も路上の強盗もショッピングモール内の発砲事件も「手を上げろ金を出せ」なんていうセリフよりも先に、『撃って奪う』が基本です。いきなり撃ってくるわけで、そうなると多少格闘技の心得があろうが、自分も護身用の銃を持っていようが関係ありません。先に撃たれたら終わりです。

ワタシもむかーしは強気で対応していたこともありました。
キューケースで強盗を殴ったこともあります。
でも最近の物騒なニュースを聞く限り無理ですね。
対応の方法としては
『とにかく一瞬でも早く全力で逃げる』
コレしかないと思います。
posted by ワンサイド at 06:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。