7月4日 ギャンブル派ばかりというわけではありませんが

今夜は、

130703-1.JPG
当店名物プレイヤーのエドガルド"ロロン"シブコと…

130703-1.JPG
ラウロさんの対戦。

対戦の予定は夕方から決まっていたのですが、ラウロさんが登場したのは深夜の11時を過ぎてからでした。サンタ・メサにある競馬場の最終レースが終わってから、当店に駆けつけてくれたんですね。

最近知ったのですが、競馬のレースのある日は「全レースが終わってから当店でビリヤードをプレイするなり見物するなりするために来る」というパターンのお客さんが少なからずいるということ。最近知りました。

日本ではおそらく、ビリヤードへの取り組み方というか、付き合い方としては「趣味として」「スポーツとして」などなどではないかと思いますが、フィリピンではこれら「趣味」や「スポーツ」として以外にも「ギャンブルとして」という層がかなりいます。

ギャンブルが好きだから、競馬が終わったらビリヤード。
ギャンブルが好きだから、カジノで勝った日はビリヤード。
ギャンブルが好きだから、闘鶏もやるし、ポーカーもやるし、ビリヤードもやる。

また最近では、プロのビリヤードのプレイヤーだった人が、ポーカーのプレイヤーに転向してしまった例なども結構聞きます。ギャンブルとか勝負事という面では共通点が多いということなのでしょうか。

…とこういったバックグラウンドがあるため、土曜日や日曜日はビリヤードをプレイしない方が多いです。土曜日や日曜日は家族と過ごすための日なので、ギャンブルはしないということなんですね。
posted by ワンサイド at 06:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。