8月5日 ニューメニュー「天津飯」

130806-1.JPG

ニューメニュー「天津飯」です。

天津飯は中華料理ではなくて、日本独自の食べ物なんですね。
フィリピンでは誰も知らないメニューですが
「これは天津飯ていうんだよ〜」
と言うと、
「ああ、あのドラゴンボールの天津飯?」
と、誰もが聞き返してきます。

海外では天津飯といったら、ドラゴンボールの「天津飯」なんですね。

この甘酸っぱい味がフィリピン人に受け入れられるんじゃないかなあ…
という願いをこめて、ニューメニューの天津飯です。

よろしくお願いします〜。
posted by ワンサイド at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月4日 Efren vs. Christian

130804-1.JPG

130804-1.JPG

Efren "Bata" Reyes vs. Christian Johannessen
ワンポケット。
ハンデ、Efren 12, Christian 6

結果。
Efren 5-4 Christian

ギリギリの熱い勝負でした〜。
posted by ワンサイド at 07:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月3日 隠し球・イン・マニラ

130803-2.JPG

130803-2.JPG

常連さんに隠し球のルールを説明して、プレイしてもらいました。
日本ではパーティゲームのように、気楽に楽しめるゲームというポジションなのではないかと思います。

最初の2〜3ラックは、みんなゲラゲラ笑いながらプレイしていましたが、徐々にシリアスな雰囲気に。

超ソフトブレイクから、セイフティ、セイフティで、お互いの隠し球を探りつつ、ランアウトのチャンスを待つような展開。

ビリヤードの勝負に関しては常に真剣モードです。
posted by ワンサイド at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月2日 反省会

130802-3.JPG

深夜になると、2Fビリヤード場フロアから、1Fバーフロアに常連さんが移動して、今日のプレイの反省会。
というか、突っ込み大会というか飲み会ですけど。

普段はワタシに気を使ってゆっくりしゃべったり、英語多目でしゃべってくれたりするんですが、みんな酔ってきて、本格的に面白くなってくるあたりでは、やっぱり100パー早口のタガログ語に。

在住6年にもなって、いいかげん現地語が片言なのってダメだよなー。
と思う瞬間。
ウチの子供も日本語はできないので、子供が成長すると会話が出来なくなりそうだし。
posted by ワンサイド at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月1日 ワンポケット、テンボール、エイトボール

130802-1.JPG

130802-1.JPG

Game of Today
Lolong(+2win) 19-18 Itik Pasig


サテ…
先週、先々週と開催されていた、多くのフィリピン人選手が参加していた米国の3つの大会。

US OPEN ONE POCKET
US OPEN 10-BALL
US OPEN 8-BALL

が終了しました。

US OPEN ONE POCKETはデニス・オルクリオ
US OPEN 10-BALLはロドニー・モリス
US OPEN 8-BALLはシェーン・バン・ボーニング

が、それぞれ優勝。
準優勝は

US OPEN ONE POCKET コーリー・デュエル
US OPEN 10-BALL デニス・オルクリオ
US OPEN 8-BALL カルロ・ビアド

デニスつえー。
ワンポケットに優勝、テンボールもファイナルに残っています。

これだけ強いチャンピオンのいるフィリピンでトーナメントが開催されなくなってしまった現状はとても残念です。

それから、カルロ・ビアド。
ついにアメリカのトーナメントで優勝しました…
とはいきませんでしたが、エイトボールで準優勝するという活躍。
おそらくアメリカではカルロはほぼ無名の新人だったと思います。
衝撃的なデビューを飾ったという感じでしょう。
しかも、ワンポケットで2位になったコーリー・デュエルの準決勝の相手はカルロだったんです。この2週間のあいだにイッキに名声を稼いだというか、スターへの階段を駆け上ったという感じです。
そろそろ何かのタイトルを取ってほしいですねー。
posted by ワンサイド at 06:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月31日 海上プラントで働くクリスさん

130731.JPG

海上プラントで働くクリスさん

今夜はじめてご来店いただいた、クリスさんです。
ノルウェー国籍の会社で、主に海上の石油プラットフォームで働いていらっしゃいます。
次回のプロジェクトが、英国の沖にある石油プラントでの仕事になったため、英国のビザを取得するために、フィリピンに帰国中なのだとか。

だいたいいつも一ヶ月間は、プラントの中で勤務して、地上に戻って一ヶ月。という繰り返し。

海上のプラントでもいまは、インターネットが使えたりテレビが見られたりするそうで、プラントでの勤務期間中は「日本製のアニメを見るのが楽しみなんだよ。」なーんておっしゃっていました。

ワタシの名前がアキラだと知ると「おー。スラムダンクの仙道 彰と同じだね。」と来るあたり、ホントにかなり見てますね(笑)

アニメのせいというわけではないのでしょうが、クリスさんはかなり日本びいき。中国とフィリピンの間で問題になっているスカボロー礁についても「フィリピン政府は、はやく外国企業に入札させて、具体的な調査を始めてプラントを作っちゃえばいいんだよ。できれば日本の企業にやってもらいたいね。」だそうです。

今後お金をためて、日本からサープラスの日用品や電化製品などを輸入販売するビジネスをはじめる計画についても話してくれました。
「そんなに中古品が売れるの?」と質問すると「中国製の新品よりも日本製の中古のほうがモノがいいってみんな知ってるからね。僕の故郷のビコールでは誰も中国製のものなんか買わないよ。」と熱く語りが入りました。

近年フィリピンと中国の間で大きな問題となっているスカボロー礁の領有権問題。その影響で確かにフィリピンでは中国に対する感情が悪化していますし、中国政府は中国政府でフィリピンへの渡航自粛勧告を出していて、フィリピンの観光産業は打撃を受けています。

中国への感情が悪化する一方で、日本に対する感情は良くなってきているというのは、一般的にも多少あるかもしれません。

明日朝早くから英国大使館に行かれるという栗栖さん。
「今度プラントの勤務が済んだら、フィリピン人の仲間と一緒にまたくるからね」
とおっしゃっていただきました。
どうもありがとうございます。
posted by ワンサイド at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。