8月8日 カルロ帰国

130808-1.JPG

Hard Times Openで優勝、US OPEN 8-BALLで準優勝、US OPEN ONE-POCKETで3位という鮮烈な米国デビューを飾った(ことと思われる)カルロ・ビアドが、フィリピンに帰国し、早速来店してくれました。

優勝したHard Times(Hard Timesという店名の有名なカリフォルニア州のビリヤード場)の、決勝のテーブルは、むちゃくちゃポケットが小さかったそうです。ボール1個分プラス1.5〜2センチ(「こんくらい」と指で示してくれたんですが、どう見ても1.5センチ〜2センチの間くらい)。「もうまるっきりビリヤードじゃない、別のゲームだった」と言っていました。

それからHard Timesでは、9ボールや10ボールをプレイしている人はあまりいなくて、ほとんどがワンポケットだったそうです。
posted by ワンサイド at 08:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。