9月29日 Justin Bieber

130929-2.JPG

130929-2.JPG

ビリヤードをプレイするジャスティン・ビーバー?
ってもちろん違います。
マンダルヨンから来たR.J.くん。19歳です。
似てますよね?
posted by ワンサイド at 06:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月28日 War is over!

130928.jpg

政府から「ザンボアンガ危機(Zamboanga Crisis)」終結宣言が出ました。
今回の武装蜂起による死者は、過激派183名、軍人・警官23名を含む200名以上だったそうです。

MNLF議長のミスアリは、武装蜂起当初の声明などを発表した時期以降は、行方が知れません。もしかしたら、また無事に逃げおおせていて、またどこかで武装蜂起するのかもしれません。

ザンボアンガ市の発表によると、1万戸以上の家屋が焼け、約12万人が避難生活を送っているそうです。
posted by ワンサイド at 03:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月27日 ラリーさん vs. レムさん

130927-1.JPG

はるばる遠くレイテからいつも来ていただいているラリーさんと。


130927-1.JPG

こちらはマニラ首都圏はマンダルヨン市からいらっしゃっているレムさん。


おふたりともカナリご自宅は当店からは遠いんですが、たまたまここで知り合い、最近は連夜連夜勝負です。

今夜はなんと15先×3回の長丁場。朝の6時までの勝負でした。
今夜は2対1でラリーさんの勝ち。「また明日」というか「また今夜!」と言う感じで、再選の約束もしてたみたいです。
posted by ワンサイド at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月26日 ザンボアンガ武装占拠事件はなぜ起こったか

ザンボアンガでは、いまだに戦闘が続いています。
今回のMNLFによるザンボアンガ武装占拠事件は、どういった脈絡の上におこったのでしょうか。

キーは、MNLFの元議長のヌル・ミスアリの来歴と奇矯な人格です。
1996年に、MNLFとフィリピン政府は最終和平合意を締結しています。ミスアリはMNLFの創始者で、当時の議長でした。

彼は直後のARMM自治政府知事選挙で知事になりますが、自治政府の行政は破綻し汚職は横行し、基本的に非常にダメな知事でした。
「次の選挙では落とされる」そう考えたミスアリは、2001年11月にザンボアンガ市で蜂起します。そうです。実は今回の武装占拠事件ははじめてのことじゃあなかったんです。ミスアリには前科があったんです。

前回の武装蜂起も今回と同様に国軍との戦闘になりましたが、結局はミスアリはマレーシアに逃亡し、その後逮捕され、最終的には釈放されています。

その後も、フィリピン政府とMNLFの間には、さまざまな戦闘行為や話し合いが行われ、現在のニノイ・アキノ大統領の代になって、ようやく和平合意がまとまりつつあります。2016年にはARMM自治政府を改めバンサロモ自治政府の設立も予定されています。

が、すでに地位を失っているミスアリは完全に蚊帳の外。
要するに、今回の武装占拠事件は、ミスアリが返り咲きを狙っての暴発というか、ワガママを叶えるための単なる暴力で、政治的・思想的な脈絡は全くないものなのでした。
posted by ワンサイド at 06:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月25日 新メニュー

餃子、揚げ春巻き、チーズスティックを新メニューとして追加しました!

130925.jpg

よろしくお願いします〜
posted by ワンサイド at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月24日 ニュー・ウェポン

新兵器開発しました。

130924.JPG

5フレのみのボーラード用スコアシートです。

正直、10フレまで終わらせるのはナカナカ難しい場合もあります。
根気が続かなかったり(笑) 時間がとれなかったり。
5フレならサクサクと終わらせられますので、これは結構イケるんじゃないかと思って作ってみました。

上手に活用できたかどうかについてのレポートはまた後日!
posted by ワンサイド at 05:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月23日 雨ふりすぎ

ここ数週間毎日毎日。
ほんっとーーーに毎日毎日狂ったように雨が降ります。

雨が降ると後付けの言い訳のように「台風の影響で」とかいうニュースが流れ、余計に腹が立ち(笑)ます。

たったいま現在も、こんな深夜というか早朝に土砂降りで、マビニ通りは川になってしまっています。

ということで、PAGASAが発表した23日から29日までの週間天気予報。

<今日>
『南西からの季節風で雨、ときどき大雨と雷雨と土砂降りでしょう。』

<24日から26日>
『南西からの季節風で雨、ときどき大雨と雷雨と土砂降りで、洪水や地滑りの危険があるでしょう。』

<27日から29日>
『南西からの季節風で雨、ときどき大雨と雷雨と土砂降りでしょう。』

……
んん〜〜。
このまんまずーーーっと降るってことらしいです。
当店を含め、お客さまをお待ちしている商売をしているところはほんとうに困っちゃいますね〜。

------------------------------------------
WEEKLY OUTLOOK

Issued at: 5:00 p.m. 23 September 2013
Valid until: 5:00 p.m. 29 September 2013

Today, the Southwest Monsoon will bring cloudy skies with moderate to occasionally heavy rainshowers and thunderstorms over Metro Manila, Central Luzon, CALABARZON and the provinces of Pangasinan and La Union which may trigger flashfloods and landslides. This weather system will likewise bring scattered light to moderate rainshowers and thunderstorms over the rest of Luzon and Western Visayas while the rest of the country will have partly cloudy to cloudy skies with isolated rainshowers or thunderstorms.

By Tuesday to Thursday (September 24-26), the Southwest Monsoon will continue to bring moderate to occasionally heavy rains with scattered rainshowers and thunderstorms which may trigger flashfloods and landslides over the western sections of Central and Southern Luzon and Western Visayas while light to moderate rains will be expected over Western Visayas. The rest of Luzon and Mindanao will have partly cloudy to cloudy skies with isolated rainshowers or thunderstorms. Meanwhile, a Low Pressure Area ((LPA)) is expected to develop over the West Philippine Sea inside the Philippine Area of Responsiblity ((PAR)) by Wednesday ((September 25)).

Thereafter (September 27-29 ), The LPA together with the Southwest Monsoon will continue to bring scattered rainshowers and thunderstorms over Southern Luzon and Western Visayas while Central Luzon and the rest of Visayas will have cloudy skies with light to moderate rains. The Northern Luzon and Mindanao will have partly cloudy to cloudy skies with isolated rainshowers or thunderstorms. However, the aforementioned Low Pressure Area ((LPA)) is also expected to weakened.

This outlook will be updated as soon as significant changes in the weather pattern occurs.
posted by ワンサイド at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月22日 かつどん

セブンイレブンでなんと「かつどん」が売られていました!
迷わず購入して試食してみました。
ちなみに価格は75ペソ。

YABU, 新宿さぼてん, 銀座梅林などの成功から、いまフィリピンは「とんかつブーム」と言っていい状態で、とんかつやかつどんの認知度も上昇しています。おそらくそういった観点からの「かつどん」の市場投入なんじゃないかなと思います。

130922-1.JPG

パッケージはプラスチックのどんぶり。日本のコンビニ弁当とまったく同じです。透明なプラスチックのフタを、幅広の透明なフィルムをくるっと巻きつけて抑えているあたり、ホント日本のお弁当をよく研究しています。

フィルムに「KATSUDON WITH JAPANESE RICE」とあります。ここは文脈的に「かつどん」じゃないでしょ「とんかつ」でしょと突っ込まざるを得ません。


130922-1.JPG

フタをとって観察。
いやいやこれは、フィリピンのコンビニ弁当としては、未だかつてない綺麗な見た目です。見ただけで「ダメ。食べられないこれは。」と思ってしまうものの多いフィリピンのコンビニ食のなかで、これは出色の出来です。

サテ実際のお味のほうは…
まず、ご飯が普通においしい。というかOKなので、普通に食べられます。
カツと卵のほうも、味付けは薄めですが、日本のかつどんの味と基本的に同じなので、これも普通に食べられます。
かなり出来は良いですねえ〜(フィリピンのコンビニ食としては)

もちろんネガティブな感想もあります。
とんかつの豚肉は、いわゆるハムカツ程度の厚みしかありません。
いわゆるとんかつの肉の味や感触を味わうだけの、厚みがありません。
かつどんのメインであるところの豚肉の部分が、肝心の日本のお弁当のクオリティに遠く及びません。

しかし全体的には「フィリピンで食べるコンビニのお弁当」としては、日本の食べ物が恋しくなったらたまには食べてもいいかなあ。と思える出来です。

正直なところ「積極的に見つけたらいつでも食べたい」というほどおいしくはないですが、「あんまり食べたくない」というほどネガティブなコメントをつけたくなる味でもありません。まずくはありません。

70点はあげられないけど、「フィリピンのコンビニ弁当黎明期に食べたかつどん」ということで65点くらいはあげてもいいかなあという微妙な感じです。伝わります? この微妙な感じ。
posted by ワンサイド at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月21日 ラシャ交換!

130921-1.JPG

ラシャを交換しました。
変えたのは6番テーブル。トイレに向かう廊下の入り口近くの台です。

130921-1.JPG

今回もシモニスの860です。

130921-1.JPG

先々月交換した1番台と同じように、ポケットをせまくしてみました。
1番台よりもほんの少しだけ更にせまく調整しました。
数値的にはほんの2ミリかそこらなのですが、いやあ、実際に撞いてみるとめちゃくちゃむずかしいです。

ラシャ交換したての6番テーブル。
よろしくおねがいします。
posted by ワンサイド at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月20日 日本・フィリピン共にベスト8入り!

なんだか9月に入ってからずーーっと毎日雨が降ったり風が吹いたり、台風の影響にさらされているような気がします。

今日は、フィリピンの東の洋上に既に抜けて言ってしまったはずの台風19号の影響なのか何なのか、まっすぐ歩けないほど強い風が朝からずっと続いています。建物の中にいても風の音が聞こえてちょっとコワイです。

サテ…
フィリピン在住者としては残念なことですが、毎年マニラで開催されていたWorld Cup Of Poolが今年はロンドンで開催されていますね。

火曜日、水曜日、木曜日と三日間行われた一回戦では、日本チーム、フィリピンチームともに勝利。両方ともベスト16チームに残りました。

今日の二回戦、フィリピンはシンガポールと、日本はアメリカとの対戦に勝利。フィリピン、日本ともにベスト8入りしました。

明日は、フィリピンは vs. ハンガリー。日本は vs. オランダです。
何とか最終日曜日に勝ち残ってもらって、日本 vs. フィリピンを見てみたいですね〜。
posted by ワンサイド at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月19日 米国育ちのコウジさん

130919.JPG

日本人らしきお客さまに声をおかけしたところ、
「いやあ日本語うまくないんで、タメ口でゴメン!」
とのこと。

お伺いすると、日本生まれで4歳のときから米国育ちなんだとか。
今回はアメリカから大阪の実家に帰省する途中でマニラに立ち寄られたんだそうです。

米国でのお仕事は銀行にお勤めで、分析とレポートが専門分野だそうで、日本、フィリピン、アメリカの経済に冠するお話をいろいろと聞かせていただいたり
「いやあ、日本人は大変だよね。過労死とか。」
なんて話がとびだしたり。
アメリカには「過労死」という言葉はないんだそうです。

こんかいも職場からは一ヶ月の休暇をもらってのきせいだそうで
「日本のサラリーマンは長くても1週間くらいの休みがとれるかどうかというところですねー」
と説明したらかなりびっくりされていました。

しかし一ヶ月の休暇はうらやましいですね〜。
posted by ワンサイド at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月18日 Snap Shots of the Day!

130918-1.JPG

130918-1.JPG

Joseph vs. Juvy



130918-1.JPG

130918-1.JPG

Ace vs. Ed



130918-1.JPG

130918-1.JPG

Ram Ram vs. Lolong
posted by ワンサイド at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月17日 ダバオ市の映画館で爆破事件

ダバオ市の映画館で爆破事件が2件連続で起きました。
SMシティダバオの映画館とガイサノモールの映画館だそうです。

当然ですが、これらの事件はザンボアンガ占拠事件に関連したMNLFの陽動作戦との見方もあり、アメリカやオーストラリアの政府は、テロに対する警戒をするように呼びかけています。

ミンダナオの方には申し訳ないですが、このテロがマニラ首都圏に飛び火してくれるなよ〜〜〜〜。というのが正直なところです。
posted by ワンサイド at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月16日 カルロ帰還

130916.JPG

カタール・ワールド9ボールのセミファイナリスト。カルロ・ビアドが来てくれました。
「カタール3位おめでとー。1枚撮らせてよ。」
と言ったらこんな感じでポーズをとってくれました。

ビッグタイトルにはまだ手が届かないものの、今年はフィリピンや日本だけでなく完全に世界のカルロになりましたね。

ビッグトーナメントとはいえ、決勝や準決勝で勝てないのがやっぱり悔しいんですね。
ワタシなんかは、2位とか3位でも十分スゴイなーなんて言ってしまうのですが。
posted by ワンサイド at 05:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月15日 日比オープンスカイ協定

先日、日本とフィリピンの間でオープンスカイについて合意したそうです。

オープンスカイというのは、通常、新規の航空路線の参入撤退や価格設定には、政府同士の話し合いが必要とされているものを、航空会社や空港が直接話し合い、自由に新規路線や価格の設定ができるという協定です。

今後は、より自由度が高く、企業目線での路線設定がされることになるはずです。まず考えられるのは、東京−マニラ間へのLCC参入ですね。

それから今回の目玉は、なんといっても羽田空港が一日4便の上限はついたものの、自由化の対象となっている点。4月からは羽田−マニラ線が、JAL, ANA, PALとあともう一社の4路線ではじまる可能性があります。そうなると、成田−マニラ線の利用客はほとんどいなくなるでしょうから、成田−マニラ線を廃止するエアラインもでてくるかもしれません。

羽田空港は山手線の品川駅や浜松町駅から20〜30分程度のアクセスで、マニラまでのフライトが4時間。成田エクスプレスの予約を気にしながら上野駅まで行かなければならないのに比べるとずいぶんマニラも近くなります。

LCC参入と羽田線就航の可能性。これは関東圏のフィリピン・リピーターのみなさんには朗報ですね。期待しましょう。
posted by ワンサイド at 06:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月14日 STARBUCKS BOTTLED FRAPPUCCINO

130914.JPG

STARBUCKのBOTTLED FRAPPUCCINOはじめました!
公式サイトによると全部で7種類のフレイバーがあるみたいですね。
当店ではバニラ味とモカ味からお選びいただけます。

日本では販売されていないBOTTLED FRAPPUCCINO。
ご来店の際にはぜひどうぞ。
posted by ワンサイド at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月13日 ミンダナオ島における誘拐及びフィリピン政府治安部隊とモロ民族解放戦線(MNLF)の衝突に伴う注意喚起(その2)

130913-1.jpg

130913-1.jpg

130913-1.jpg
外務省がフィリピンへの渡航に関してスポット情報を出しています。

MNLFとフィリピン国軍の戦闘は現在徐々に激化してきており、範囲も拡大しています。さらに、過激はグループ関係者が、ショッピングモールやカフェなどを偵察しているという米国大使館からの情報もあります。

今回のこの戦闘に関しては、ちょっとした危険情報として捉えるのは十分とはいえません。いまフィリピンに渡航される予定のある方は、現在フィリピン国内は、フィリピン国軍とMNLFの戦争状態にあるということを理解して、ご自身や同行者の安全についてよく考えて頂きたいと思います。

テレビのニュースでは、ライフルを持った兵士や装甲車が走り回り、街が焼かれ、実際に戦闘が行われている様子がばんばん流れています。銃弾だけでなくロケット弾も使用されています。

------------------------------------------------
ミンダナオ島における誘拐及びフィリピン政府治安部隊とモロ民族解放戦線(MNLF)の衝突に伴う注意喚起(その2)
2013年09月13日
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
1 9月12日,在フィリピン米国大使館において,自国民に対して,ミンダナオ島南部にあるショッピングモール,欧米系カフェ等を過激派組織と関係ある者が偵察活動を行っており,ミンダナオ島南部で外国人に対する明確な脅威がある旨の緊急メッセージを発出しました。

【在フィリピン米国大使館ホームページ関連部分】
http://photos.state.gov/libraries/manila/299618/ACS-JCD/Threat%20Against%20Foreigners%20in%20Southern%20Mindanao%20-%20September%2012_%202013.pdf

2 ミンダナオ島南部のサンボアンガ市においては,9月9日にフィリピン治安部隊とモロ民族解放戦線(MNLF)の衝突が発生し,両者の戦闘は依然として続いています。同戦闘は,12日にはバシラン州(バシラン島)まで拡大しました。

3 これらの事件の背景として,フィリピン政府とモロ・イスラム解放戦線(MILF)の和平交渉に反対するイスラム武装勢力の存在があり,同勢力の一部グループが,同交渉を妨害する目的で誘拐や爆発等の事件を起こしている,あるいは今後も起こす可能性があり,対象地域も更に拡大するおそれがあります。

4 外務省は,これらの地域に対して,9月9日付けで同様の注意喚起を発出するとともに,これまでも外国人誘拐の脅威に係る注意喚起,「渡航の延期をお勧めします」の渡航情報(危険情報)等を発出しています。
上記1の情報を踏まえ,改めてこれらの注意喚起等をご確認いただくとともに,やむを得ずこの地域に渡航・滞在する場合には,以下の基本的な安全対策を念頭に置き,特に慎重な行動を取るようにしてください。

(1)日頃から現地治安情勢の収集に努める。

(2)外国人は裕福であると常に思われていることを念頭に,ターゲットにされないよう慎重な行動を心がける。

(3)行動予定等を不特定多数の人間に言ってまわったり,知られたりしないよう心がけ,不用意に身辺情報を流さない。

(4)毎日の行動がパターン化しないよう注意する。

(5)単独での行動は避け,外出する場合には,周囲に不審者,不審車両がいないか確認し,尾行や監視がないか常に注意する。
posted by ワンサイド at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月12日 LOCTITE

タップをくっつけるのには、アロンアルファを愛用していました。
瞬間接着剤でないふつうの接着剤だとか、木工用ボンドがいいなんてはなしも聞いたことがありますが、私の場合は、もっぱらアロンアルファでした。

じつはフィリピンではアロンアルファは売っていません。
たぶん4年くらい前だと思うのですが、友人がフィリピンに来たときに、アロンアルファ大量に持ってきてもらったのですが、昨年ついに使い切ってしまい、それ以降、フィリピンで手に入る接着剤をいろいろと試していました。

で、今はコレです。

130912.JPG

LOCTITEという瞬間接着剤。
他にMITYBONDとかBULLDOGという製品も試したのですが、どうやらコレがいちばんいいです。
アロンアルファと同じ、シアノクリレートを主成分にした瞬間接着剤です。

フィリピンで瞬間接着剤が必要になったときは、LOCTITEを試してみてください。
スーパーやホームセンターなどで普通に手に入ります。
コンビニでもときどき見かけます。
posted by ワンサイド at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月11日 ザンボアンガは依然占拠されたまま

昨日おつたえしたザンボアンガの武装占拠事件ですが、相変わらず解決の糸口がつかめず、にらみ合いが続く状態のようです。
学校は休校。夜間(20時〜5時)外出禁止令も継続されています。

「市庁舎にMNLFの旗を揚げろ」という要求に対して、ザンボアンガ市のツイッターアカウントが市長の名前で出した声明が男前過ぎ! というより挑発しすぎ!




※「我々の街にフィリピン国旗以外の旗を掲げることを認めない」
  −−−ベン・クリマコ。

ちなみに女性市長です。
posted by ワンサイド at 07:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月10日 ザンボアンガ武装占拠事件

モロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)が、ミンダナオ島西部のザンボアンガ市の市役所近くの市街地を占拠して、市民を人質にとっています。

軍や警察が周囲を包囲しているものの、散発的な銃撃戦が展開されるのみで、こう着状態にあるとのことです。

この影響でザンボアンガ市では官公庁、ショッピングモール、空港などが閉鎖されており、市の機能は麻痺状態。周囲から孤立しています。

モロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)というのは、イスラム教徒の政治組織で、フィリピンからの分離独立を目的にしています。フィリピン政府との和平協定や住民投票を経て、現在ではミンダナオ島西部の4州で自治が認められています。しかし「フィリピン国内で自治を認められる。」という状況をよしとしない完全な独立を望む過激なグループも中には存在し、今回の事件の原因となっているようです。

130910.jpg
※ザンボアンガ市はフィリピンのミンダナオ島の西に張り出した半島の先端にある。

治安対策の責任者ロハス内務・自治相は現地で記者会見し、武装集団はサンボアンガ市内の5カ所を占拠し、人質は推定180人と発表しています。
posted by ワンサイド at 04:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。