10月1日 在留届のフォーマット変更

旅券法施行規則の改正があり、メールアドレスや携帯電話番号など、在留届のフォーマットが変更になり、詳細な連絡先を登録することが義務付けられるようになったそうです。

=======================
在フィリピン日本大使館メールマガジン
=======================
平成25年9月30日

旅券法施行規則の改正により本年9月30日から在留届の様式が変更になります。

本件改正により,より詳細にメールアドレス,携帯電話番号等の記載を行っていただくこととなり,テロや大規模災害などの緊急事態発生時等に皆様に適時適切に情報提供できることとなります。

なお,今回の改正に伴い,平成26年4月1日以降,以下の方については,当館管轄地域から転出したものとして扱わせていただきますので,ご了承下さい。

1 「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日を経過しても何のご連絡も頂けず,さらにその後1年間,当館にて在留が確認できない方

2 「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日が到来していない方のうち,1年以上の期間にわたり当館より連絡がつかない方

また,在留届を提出いただいた後に,住所・電話番号・メールアドレス等の変更が生じた場合,変更の届出を行っていないと,当館からの大切なお知らせを受信できず,特に緊急事態発生時の安全確保に大きな支障が生じうることとなります。つきましては,提出済みの在留届の記載事項に変更が生じた場合は,必ず当館に変更の届出を行っていただきますようお願いいたします。また,帰国または管轄地域外に転出されることとなった場合には,その旨必ず当館にご連絡下さい。

本件の詳細・用紙のダウンロードはこちらから。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm
posted by ワンサイド at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。