10月8日 日本食「YASU」

131008-1.jpg

ついにユニクロが当店至近のロビンソン・エルミタにも進出してきます。
フィリピンですでに6店舗だったか7店舗目くらいだと思います。
いよいよ、フィリピンも個人商店が通用する時代から、ビッグプレイヤーでないと生き残れない時代へと移り変わっていくのかもしれません。

131008-1.jpg

とか言って、今日ご紹介するのは、この小さなファーストフードちっくないかにも個人小店的な日本食レストラン「YASU」です。

ロビンソン・エルミタのロビンソン・スーパーマーケットのすぐ近くにあります。

131008-1.jpg

注文してみたのは牛丼と

131008-1.jpg

天丼。

どちらも100ペソちょいのとってもお手軽な価格ですね。
フィリピン庶民のワタクシにもなんとかなる価格帯です。

味も「本格日本料理」というわけにはいきませんが、十分に合格点。
イケます。

日本人のスタッフの方がいらっしゃったので
「もしかしてオーナーさんですか? YASUさんですか?」
と声をおかけしたところ
「いやいや実はちがうんですよ〜」
とのこと。

その日本人の方は、コンサルタントとしてこの店にかかわっている方で、オーナーさんはなんとイラン人!
しかも、マニラ首都圏に複数の大きなレストランを経営している企業で、このロビンソン・エルミタにも「arya」という大きくてファンシーなペルシャ料理の店を2店舗持っています。

個人商店かと思ったら、ぜんぜんビッグ・プレイヤーだったというお話でした。
posted by ワンサイド at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。