10月15日 フィリピンでM7.1の地震



15日の朝8時(フィリピン時間)頃、フィリピンでM7.1の地震がありました。
震源地はボホール島で深さ20km。

発表されている死者の数は、60名、70名、90名などメディアにより異なります。
どうやら確認ができていないようで、行方不明者などを含め、今後人数は増えていくのではないでしょうか。

被害が大きかったのは主にボホール島とセブ島ですが、津波による被害はないそうです。

いまのところ各メディアは、外国人観光客の被害者は確認されていないと言っていますが、外国企業や観光客の多いセブ市も被災地域に含まれています。セブ市内では通りにガラスやコンクリートが散乱し、建物内は安全ではなく、人々は逃げ惑っている状態だそうです。今後新たな情報が出てくるかもしれません。
posted by ワンサイド at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。