11月29日 ジャンゴ vs. エスキリオ

131129-1.JPG

131129-1.JPG

フランシスコ"ジャンゴ"ブスタマンテ vs. ロエル・エスキリオ
10ボール 20先。ハンデキャップはエスキリオに5番と7番

19対19のヒルヒルまでもつれた最終ラック、4番のセイフティ合戦。
まずはエスキリオがセイフティを決めますが、ジャンゴがカウンターセイフティ。

131129-1.JPG

↑この配置に。(※この写真はゲーム終了後にみんなで再現していたところの写真です。)
これをエスキリオがファウル。ジャンゴの勝ちでした。
「ラッキ〜」
なんて言っていましたが、想定の内のラッキーというか、達人ならではのラッキーという感じでしょうか。
posted by ワンサイド at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月28日 右曲がり

最近、手球が狙いよりもチョイ右へ。先球がチョイ左へ行きがちです。
普段は、そのぶん若干見越して、見た目よりも左へ行くように撞いています。

やっぱり、それが納得行かず、見た目の通りに狙って狙いの通りのところに球がいくように撞きたくなり、フォームだとか狙い方を改造して調子を何度も何度も繰り返し繰り返し調子を崩しています。

今日もたまたま「右へいっちゃうな〜」とかブツブツ言いながらセンターショットをしていたところ、マスターことラモンさんに「こうしたらズレ具合がわかりやすいんじゃないの」と言われて試してみました。

131128.JPG

ズレ具合もわかりやすいし、まっすぐなレールに対してストロークがぐにゃぐにゃしているのも無茶苦茶わかりやすいです。

キューを右目の下あたりにしてみたり、微妙に右の鼻の穴あたりしてみたり、右目を前に出してみたり、逆に左目や左の鼻の穴にキューをあわせたり、左目を前に出したり、床のタイルの線に足を合わせてみたり、いろいろと試してみました。

しかし、何年こんなことやってるんでしょう。相変わらず未だにボールをどうやってみたらいいのかが判りません。

この角度からの狭いコーナーポケット。しっかり100%に近い厚みじゃないと入らないわけで、ワタクシのレベルだとフォームやストロークの確認に結構いい感じです。
posted by ワンサイド at 06:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月27日 Tulong na(助けよう)

131127-1.JPG

131127-1.JPG

常連さんのシンディさん(あと数週間で出産の予定!)が着ていたのは、台風ハイエン/ヨランダの被災者を応援するTシャツ。

地元のABS-CBNという放送局が企画した、収益金が寄付されるグッズです。

こちらから購入できます。
http://www.abs-cbnnews.com/tulongph


タガログ語でこんなことが書いてあります。

Tulong na(助けよう)
Tabang na(助けよう(サマール語))
Tayo na(みんなで)

SAGIP KAPAMILYA(家族を救おう)
MAG KASAMA SA KWENTO NG PAGBANGON(一緒にストーリーを再生しよう)
posted by ワンサイド at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月26日 「フィリピン生活あれこれ」ブログが突然閉鎖

「フィリピン生活あれこれ」というブログをご存知でしたでしょうか。

以前フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで仕事をされていて、現在はPASCO(Phil. Active Seniors Company Inc.,)という組織を立ち上げられて、フィリピン政府が発行する退職者ビザの取得サポートをされている志賀和民氏のブログでした。

フィリピンにおける生活全般から、特にビザの取得や不動産の購入、子供の教育などに関しては実体験や確かなデータに基づいたエントリーがされていました。

そのブログが数日前に突然消えてしまいました。
アクセスしようとするとBloggerの「Blog has been removed」というメッセージが出てきます。

何があったのかなあ。と、Pascoのウェブサイトを覗いてみると、Google側から何の予告もなく削除されてしまったとご本人が書かれています。


131126.jpg

これは、とても有用な記事の多いブログが消えてしまったのは非常に残念で、実用的な話も多かっただけにかなりイタイです。

これは知人にも何人かいたのですが、例の「児ポ問題」かもしれません。

最近どうやらGoogleは児童ポルノに関するデータ監視を強化しているらしく、BloggerやGoogle+, Picasa, Youtubeなど、Google系のサービスに子供の裸を発見すると、ほぼ問答無用でIDが停止され、自分がアップロードしたデータに一切アクセスができなくなり、問い合わせや抗議にもとりあってくれないそうです。

「フィリピン生活あれこれ」に日常風景のひとつとして取り上げられていた、志賀氏のビジネスパートナーの息子さんの写真がまずかったのかもしれません。もちろん客観的に見ても児童ポルノなどでは決してなく、実に自然なスナップショットでした。しかしGoogleによる機械的な判定では裸はあくまでも裸ということなのかもしれません。

Pascoのウェブサイトによると、ブログのデータ回収には成功したため、別のブログを立ち上げて記事を復旧する予定とのことです。
大変な作業かとは思いますが、一日も早い復活を願っています。

Google IDが停止されると、Blogger, Gmail, Picasa, Google+, Youtubeなどが全て使えなくなります。過去にアップロードした貴重なデータも失われます。ご注意ください。

私は、アンドロイドの携帯電話で撮った写真がアンドロイドの機能で自動的にPicasaWebアルバムに上がっているのに先日気づき、そこから娘や息子の裸が写っているものを全部削除しました。
posted by ワンサイド at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月25日 義父の帰還

しかし中国の防空識別圏ヤバいです。

日中開戦するんですかね。

海自のP3Cに発砲でもされたらどうなるんでしょう。
まあ中国側としては、潜水艦を太平洋に出したいでしょうから、日本がこの緊張に耐え切れずにP3Cを引っ込めるのを狙ってのことなのでしょうが…

日本か中国かいずれかが引かなければ、極限の緊張状態が続くわけで、いつ開戦と言うことになってもおかしくありません。



実は台風の直撃をうけたレイテのタクロバンに行っていた義父から、昨日携帯テキストメッセージがあり、非常にバタバタとしておりました。

今日、義父がタクロバンから帰還しました。

やはり親族一同全員無事というわけにはいかず、3人が行方不明。そして被災後に1人が亡くなりました。

現地は全ての家屋が吹き飛ばされ、町役場や学校さえも壁や屋根がない状態。親族の多くの男性は一同の家を復旧させるために現地に残り、義父は全ての子供と女性を連れてマニラに戻りました。

電力、水道などは未だ回復しておらず、食料品の取引なども未だなく、基本的には水と食料は配給に頼っている状態ですが、飢えてはいないないとのこと。

そんなレイテのタクロバンですが、漁港である現地では、はやくも急ごしらえの船で漁に出ている人々もいて、穀物や野菜はないものの魚を売る市場が立っているそうです。
posted by ワンサイド at 06:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月24日 台湾対決

全日本選手権の決勝は 柯乗逸 vs. 張榮麟 の台湾対決でした。
柯乗逸は2度目の全日本優勝。
フィリピン勢は残念ながらジョアン"Bubwit"チュアの準決勝敗退が最高位でした。

実は今日、フィリピンにとって非常に重要なスポーツイベントがありました。

131124.jpg

8階級制覇のプロボクサーにして政治家、フィリピンの英雄マニー・パッキャオの試合です。
2連敗からの復帰戦というカタチで、もしもまた敗戦と言うことになると、年齢的にも引退か? などと言われていましたが見事勝利。
この勝利はレイテやサマールなどの台風被災地の人々をも勇気付けたことでしょう。
試合後のインタビューでは、メイウェザーとの再試合への意欲を見せているようです。

私はちょうど試合中の時間帯に、子供をショッピングモールの中にある病院に連れて行ったのですが、いつもの通り、パッキャオの試合中はショッピングモールの中もがらがら、道路も人もクルマもまばらでした。
posted by ワンサイド at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月23日 在留邦人

----------------------------------------
外務省は23日、台風30号で被災したフィリピンのレイテ島とサマール島に在留届を出している日本人133人のうち、新たに2人と連絡がとれ、計130人の無事を確認したと発表した。なお3人の安否が分かっていない。
----------------------------------------
このような数字が毎日発表されています。
あと3人だそうです。

しかし、これはもちろん在留届ベースの数字なわけです。
在留届と言うのは、大使館に行って、いまフィリピンに住んでいます。住所はここ、電話番号はこれ、メールアドレスはこれです。という感じで登録するのですが、基本的に任意です。登録しなくても罰則などのデメリットもありません。登録したからと行って、何らメリットもありません。

おそらく在留届を出していないという人もかなり多いと思います。
実際に、私の知人にも何人かいたような気がします。

というか、普通出しませんよね。
わざわざ用事もないのに大使館に出かけて行って、出しても出さなくてもいい書類に記入して提出するって。
私が在留届を提出したのは、パスポートを更新するために必要だったからです。
日本に帰らずに、フィリピンの日本大使館でもパスポートを更新することが出来るのですが、その更新時の必要書類に「在留届」というのがあったのです。

パスポートの期限が来ていなかったら、間違いなく届出はしていなかったでしょう。というか、そのときまで在留届と言うものの存在を知りませんでした。

おそらく、レイテとサマールを住所にした在留届を提出している133人の日本人のほかにも、在留届を出していなかったり、マニラや他の地域からレイテ・サマールに転居したときに更新をしていない日本人がかなり多くいるでしょう。

実際にレイテやサマールに住んでいた日本人は133人以上いたはずです。しかし、それらの日本人については、大使館としては安否確認は不可能なわけです。
もちろんだからといって、大使館が手抜きをしているとかそういうことを言いたいわけではありません。

在留邦人の情報の精度を上げるためには、在留届の制度をすこし手直しする必要があります。
posted by ワンサイド at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月22日 全日本選手権

今日は全日本選手権は2日目でした。
ダブルエリミネーションで、4人の山の中から1人が勝者側で2人が敗者側で生き残っている状態ですので、128人中まだ96人が生き残っていることになります。

フィリピン勢は以下の7名が勝者側に…
Johan "Bubwit" Chua
Francisco "Django" Bustamante
Dennis Orcollo
Leevan Corteza
Carlo Biado
Efren Reyes
Jeffrey Ignacio

それからRamil Gallegoが敗者側で生き残っています。

ステージ2出場の9名のフィリピン勢のうち、7名が2戦2勝で勝者側に生き残っているという状態。2戦2勝は16枠のうち7枠がフィリピン勢で占められています。

フィリピン勢いまのところ好調です!
posted by ワンサイド at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月21日 やっとこさワックスが調達できました

131121.JPG

お気に入りの床用ワックスとストリッパーがやっと買えました。
そこらじゅうのホームセンターやハードウェアショップを回ったのですが、どうしてもこのスリーエムのワックスとストリッパーが見つかりませんでした。
大手ホームセンターの本社に問い合わせても、入荷に関する情報はなし、注文も不可でした。

結局、スリーエム・フィリピンの本社に問い合わせ、サプライヤーを紹介してもらい、そのサプライヤーにアカウントを開き、ずいぶん面倒な思いをして入手することが出来ました。これでやっと床磨きが出来ます。

他のワックスも試したのですが、他のワックスは、塗った直後はともかく、数日で表面がズタズタになってしまうんです。やっぱりこのスリーエムのワックスはクオリティが高いです。

フィリピンでは「◎◎ありますか?」とか「◎◎できますか?」という問い合わせに対して「ありません」「出来ません」と即答が返ってくるケースがとても多いです。

今回ワックスを探す過程でもこの「即答」にずいぶん苦しめられました。

これは、本当は在庫がないわけでも、出来ないわけでもないのですが、要するに在庫のチェックをしたり、上司に問い合わせをしたりするのが面倒だから「ありません」とか「できません」と答えている場合があります。

原因はフィリピンの雇用に関する法律の副作用なのですが、これはまた後日エントリーさせて頂きます。
posted by ワンサイド at 10:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月20日 死闘6時間

131120.JPG

今日はたづけさんに揉んで頂きました。

スコア25-12で完敗。

6時間以上にわたる死闘でございました。
どうもありがとうございました!
posted by ワンサイド at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月19日 デュースになるとセット数が伸びる

131119.JPG

常連さん同士が二人で入っていたテーブルで、たしか7先のゲームをしていたはずなんですが、そこまでガン見していたわけでもないんですが、なんだかなかなか終わりません。

スコアボードを見ると、いつの間にか10先に変わっていました。
スコアは9対9の同点。
デュース状態。
そんでもって
「12先まで延ばそうぜ」
「OK!」
なんて交渉してます。

同点デュースになるたびに、2ポイントとか3ポイントとかずつゲームを延長しているんですね。

結局17先までいってこのゲームは終了でした。

う〜ん。
わかるような。
ちょっとわからないような。

「この次の1ラックだけだと、偶然ぽこっと負ける可能性もそれなりにある。」
しかし
「5ラック中3ラック取ればいいんだったら、より勝てる確率が高い。」
という計算でしょうか?
なんかこじつけですけれど。
posted by ワンサイド at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月18日 肺炎癒えず

131118.JPG

結局ウチの子供たちも肺炎にかかってしまいました。
何度も病院にふたりの子供をつれていき、ぐったりしたところで「そういえば、また胸が激しく痛い」ことを思い出し、今日は自分を見てもらうために病院に行って来ました。

直っていないそうです。
あらららら。
また別の抗生物質を処方してもらいました。

医者に肺炎だといわれてから既に一ヶ月経っています。
結局抗生物質が遭わないということらしいですが、私の身体が悪いせいなのか、医者の診断が悪いせいなのかはっきりして欲しいって感じです(笑)
というか入院を拒否しているのが悪いのか?

そういえば常連さんの一人がいま肺炎にかかっています。
先週ひさしぶりにいらっしゃったセブにお住いのお客さまも、そういえば肺炎だとおっしゃっていました。
せまい範囲ですが、いまこちらではずいぶん肺炎が流行っている感じです。

いや絶対にこれはマニラの空気が関係あると思うんです。
お気をつけください。
posted by ワンサイド at 05:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月17日 洋麺屋 五右衛門 @Greenbelt

マカティのGreenbeltにできた洋麺屋 五右衛門に行って来ました。

日本にいた頃、会社の近くにあったのでよくランチに利用しました。

131117-1.jpg
Greenbelt3の2Fにあります。結構さがしまわってしまいました。
テラスを背にして向かって右手の奥の方にあります。

131117-1.jpg
注文したのは半分量のスパゲティ2種類のセット。
こちらは明太子と海老としめじの和風スパゲティとソーセージのトマトソーススパゲティのセット。

131117-1.jpg
こちらは、海老ときのこのクリームソースのスパゲティとチーズとなすのミートソーススパゲティのセット。

味のほうは、おそらくソースに関しては日本と全く同じなんじゃないかと思います。
ひさびさにおいしいスパゲティをたべました〜
マニラにおいしいスパゲティが食べられる場所って、実はワタクシほんの数件のイタリアンレストラン以外まったく知りません。おそらくかなり少ないと思います。

麺ですが、日本で食べたときとかなり感じが違う気がします。
水が違うせいなんでしょうか。
日本で食べたときはもうちょっと麺が太くてプリプリ感が強かった気がします。

自宅でもスパゲティをゆでることがもちろんあるのですが、マニラでゆでるとパッケージに書いてある通りのゆで時間でゆでると、なぜかかなり硬くなります。気温のせいで麺の乾燥の具合が違ってしまうのか、それとも水の違いが影響するのか…

メニューは日本と全く同じです。
ファミレス化はしておらず、スパゲティのみのメニューでした。

131117-1.jpg

恒例と化したビールチェックですが、キリンの一番絞りが220ペソとかなり高価だったので、ちょっと期待しましたが、日本製でなく中国製のものが出てきました。
価格設定と輸入元の選定はビールを飲まない人がしていますね〜(笑)

131117-1.jpg

アイスティについてきたストローが紙製でした。
マカティではポリエチレンや発泡スチロール製のパッケージを禁止していますが、そちら関係のルールの影響でしょうか。
posted by ワンサイド at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月16日 海自ヘリ空母「いせ」を派遣



「米国が原子力空母を出したのだから、日本も話題のヘリ空母ひゅうがにオスプレイでも載せて出したらどうか。」
なんて12日のエントリーに書きましたが、ひゅうがと同型艦の「いせ」の派遣が決まっていたんですね。

いせは、通常で3〜4機、最大で11機のヘリコプターを積むことのできるヘリ空母です。道路網や空港施設までダメージを受けた今回のフィリピンへの災害派遣には非常に役に立つことでしょう。まさにうってつけですね。

今回いせには陸自のCH-47が積み込まれたそうです。
200万人が被災したレイテとサマールには、フィリピン政府が集積した食料がすでに届いているにもかかわらず、現地の交通網のダメージがひどく、被災した人々に分配するのことができずにいるという報道もあります。
陸自のヘリが空から食料を運ぶのか、それとも東北の震災のときのビフォー・アフター写真で話題になったように、ダメージを受けた道路を数日で復旧してしまうマジックをサポートすることになるのかはわかりませんが、いずれにせよの活躍に期待したいです。

中国メディアからは「軍事上、かつてアジアに大きな苦痛を与えた国が、フィリピンに戦後最大の部隊を派遣する。アジア各国は不安を感じ、神経を尖らせている」という報道が出ているそうです。

「アジア各国」って言っても中国と韓国だけでしょうけれど。
posted by ワンサイド at 06:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月15日 タクロバンにおけるジャパンデスクの設置

レイテとサマールに在留届を出している日本人は133人。
15日の段階で、そのうち75人とまだ連絡が取れていないそうです。
レイテのタクロバンに大使館員が駐在するジャパンデスクが設置されたそうです。
法人の安否に関する情報をお持ちの方は、連絡を入れてください。

以下、在フィリピン日本大使館のホームページより転載。
-------------------------------------------
タクロバンにおけるジャパンデスクの設置
2013年11月15日
在フィリピン日本国大使館

 台風30号にて,大きな被害を受けたレイテ州タクロバン市において,本日,以下の場所に,ジャパンデスク(大使館員駐在)を設置しましたので,お知らせいたします。
現地でお困りの方及び他の邦人の方の安否等をご存じの方は,ジャパンデスクにご相談にいただければ幸いです。
 なお,タクロバンでは,依然として通信事情が悪いため,下記ジャパンデスクまで直接お越しいただくか、下記電話番号にご照会いただけますよう,お願いいたします。

              記

1 ジャパンデスク設置場所:タクロバン市市役所内

2 電話番号(在マニラ日本国大使館邦人援護ホットライン)
         :+63 2 551 5786
   (フィリピン国内から電話する場合,02 551 5786)

 ※なお、ジャパンデスクの直通電話番号については、準備が整った段階でお知らせいたします。
-----------------------------------------------
posted by ワンサイド at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月14日 タクロバンへの救援物資

フィリピンの巨大台風最大の被災地。
レイテ州の州都タクロバン市。

妻の父方の実家がそのタクロバン市にあります。
現地の家族と全く連絡がとれません。

義父と彼の弟が明朝タクロバンに向かって発つことになりました。
本来なら私が行くべきところですが、フィリピンに於いては自分のサバイバル能力は明らかに低く確実に足手まといになるので断念。店もあけられないですし。

我が家からも救援物資を供出して、彼らに持って行って貰う事にしました。
シロートながらに考えた救援物資です。

131114-1.jpg
クラッカー、ビスケットなどの保存が利いて軽い食料。
マニラのいくつかのスーパーマーケットではクラッカーが売り切れです。
同じことを考えている人が多いのでしょう。

131114-1.jpg
チョコレート。子供たちが大勢いるはずなので、彼らのストレス軽減のために。

131114-1.jpg
ビニールシート。
日本の震災時に役に立ったもののリストを見て。

131114-1.jpg
ロープ。
これも日本の震災のときの資料を見て。

131114-1.jpg
携帯電話。ノキアの旧型のもの。一度充電すると一週間以上もちます。
電気もないそうなので、当然携帯はつながらないと思われますが、日本や米国の空母が来ているので、臨時の基地局が設置されたりする可能性もあるのかなと。

131114-1.jpg
懐中電灯。
ロビンソンのホームセンターでは売り切れでした。

131114-1.jpg
乾電池。

131114-1.jpg
現金。

※買出し中に写真が撮れなかったので画像は借り物です。
posted by ワンサイド at 06:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月13日 フィリピンを襲った巨大台風ヨランダの爪あと

フィリピン中部のレイテ、サマールを襲った台風30号(フィリピン名ヨランダ)。
100メートル/秒の強風と5メートルを超える高潮が沿岸部に集中する住宅地を襲った。

131113-1.jpg

131113-1.jpg

131113-1.jpg

131113-1.jpg

131113-1.jpg

131113-1.jpg

131113-1.jpg


◆寄付が出来ます◆

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html


フィリピン赤十字社
http://ushare.redcross.org.ph/


ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/typhoonhaiyan/
posted by ワンサイド at 05:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月12日 熱帯低気圧(フィリピン名:ゾライダ)接近に伴う注意喚起

スーパー台風ヨランダで甚大な被害を被り、未だ被害の実態さえつかめないフィリピンですが、ヨランダにひきつづき熱帯低気圧ゾライダ(フィリピン名)がミンダナオ島に上陸しました。

ヨランダの風雨で不安定になった地盤が更なる風雨にさらされ、土砂崩れが起こるなどの災害が発生しています。

また、ヨランダが直撃したレイテ島、サマール島にいたはずの133人の日本人のうち、103人の安否確認が未だにできていないそうです。

米国は原子力空母の派遣を発表しました。
通信網や交通網が破壊された今回のような災害派遣に、通信能力やヘリコプターや飛行機の発着能力のある空母を出すというのは、案外理にかなっている気がします。日本も話題のヘリ空母ひゅうがにオスプレイでも載せて派遣したらどうでしょうか。

今回の台風は、実は私個人的にもひとごとではなくなってしまいました。
カミさんの親族がレイテ島にかなりたくさんいるのです。
現在、マニラ在住の親族が相談して現金、衣類、医薬品、食料、携帯電話、バッテリーなどを荷造りし、有志男子数名がレイテまで運んでいく段取りをしています。

=========================================
1 11月7日付スポット情報(フィリピン:台風30号の接近に伴う注意喚起(その2))でお知らせしたとおり,フィリピン東方沖で発生した猛烈な台風30号(アジア名:ハイヤン,フィリピン名:ヨランダ)は8日ビサヤ地方へ上陸・横断し,レイテ島を中心に暴風・高潮による甚大な被害をもたらしています。

2 一方,現在フィリピン南東沖に,新たな熱帯低気圧(フィリピン名:ゾライダ)が発生しており,フィリピンへ接近しつつあります。フィリピン気象庁の予測によれば,同熱帯低気圧の進路は,台風30号とほぼ同じ進路をとる見込みであり,12日又は13日にもフィリピンへ上陸する可能性があります。

3 フィリピンでは,台風30号で甚大な被害が発生しており,また,同台風により地盤等が緩んでいることに伴う土砂崩れ等の二次被害が発生するおそれがあることや,特に,現在発生している熱帯低気圧の進路上にある地域及びその周辺では,予測できない複合的な災害が発生する危険性も排除されません。

4 つきましては,これらの地域へ渡航・滞在を予定されている方は,以下の関連ウェブサイトを参考に現地の気象情報の収集に努め,被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
 また,同地域に既に滞在中の方は,報道及び関係機関から最新の情報を収集して災害に備え,懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか,飲料水・食糧を備蓄し,家族等に緊急の連絡先を知らせ,事前に避難場所を確認するとともに,必要な場合には速やかに安全な場所へ退避する等災害被害を避けるための行動や,安全対策を講じてください。

  《 参考 》
   日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/
   フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/
   フィリピン国家災害リスク削減委員会(NDRRMC): http://www.ndrrmc.gov.ph/

3 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,最寄りの日本国大使館または出張駐在官事務所(下記連絡先)まで連絡してください。

  (問い合わせ窓口)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902

  (外務省関連課室連絡先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
               http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

  (携帯版) (現地公館連絡先)
 ○在フィリピン日本国大使館
  住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
  電話: (63-2) 551-5710 FAX : (63-2) 551-5780
  ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

 ○在セブ出張駐在官事務所
  住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
  電話: (63-32) 231-7321
  FAX : (63-32) 231-6843

 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
  電話: (63-82) 221-3100
  FAX : (63-82) 221-2176
posted by ワンサイド at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月11日 ひぐちさん、たづけさん、ご来店

131111-1.JPG

リトル東京近くのヘアサロン「HIGUCHI Hair Salon」のオーナースタイリストの樋口さん。

131111-1.JPG

それから、パサイロードの高級クラブ「Club EGOIST」の田附さんがご来店されました。

顔出しNGな在住日本人の方が多い中、おふたりともブログへの登場を快諾してくださいました。
どうもありがとうございます。

131111-1.JPG

田附さん7点、樋口さん5点のハンデでテンボールのセットマッチをしていらっしゃいました。
ときおり田附さんから熱い指導がはいっていました〜。
機会があったら是非ワタクシにも指導をお願いしたいです。

それから樋口さん、ぜひ相撞きのお相手させていただきます。
お一人でご来店の際にはよろしくお願いします。
posted by ワンサイド at 06:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月10日 フィリピン台風 犠牲者多数

131110.jpg

フィリピンを襲った台風30号による犠牲者数が、1000人とも1万人とも報道されています。
「地元赤十字関係者が…」
「警察幹部によると…」
など、思わず漏れた個人的な推定の言葉が、そのままBBC, CNNなどの報道機関によって記事にされてしまっているようです。

正確なところは、未だ通信システムが分断されており、不明です。
台風は、サマール島、レイテ島、セブ島など複数の島を横断しており、今後どのような調査結果があがってくるか全くわかりません。

いずれにせよ、レイテ島のタクロバン市などからは、少なくとも130を超えるといったような具体的な数字が報告されており、非常に多くの犠牲者が出ていることは間違いありません。

かつてない900ヘクトパスカルを切る台風の低気圧で海面が吸い上げられるようにして発生した高潮により、津波に飲まれるようにして行方不明になった方が数多くいるようで、捜索は難航すると予想されます。
posted by ワンサイド at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。