11月7日 【警戒してください】史上最大級の台風ヨランダ(30号)

台風30号(フィリピン名「ヨランダ」)について、在フィリピン日本大使館から、警告が3回発せられています。

大使館からここまで神経質に台風に関する警告が出るのは私がマニラで暮らすようになってはじめてのことです。

台風ヨランダの中心気圧は900ヘクトパスカルで、瞬間最大風速は80メートル/秒とも90メートル/秒とも言われているようです。確かにこれほどの数字はいままで聞いたことがないような気がします。

上陸地点はフィリピンの中でも南方のビサヤ地方、ミンダナオ地方とのことで、マニラ首都圏への影響はいまのところ不明ですが、レイテなどの地域ではすでに住民の避難が始まっており、ダバオ市などでは明朝から避難が開始されるという情報もあります。

いずれにせよ、大きな台風が直撃した場合には、洪水、断水、停電がまちがいなくセットで来ますので、水、食料、ろうそくなどの準備が必要です。


=================================================
台風30号の接近に伴う注意喚起(その3)
平成25年11月7日
在フィリピン日本国大使館

1 台風30号(フィリピン名:ヨランダ)は過去に類を見ないほど猛烈な台風に発達し,8日午前ビサヤ地方に上陸する見込みです。日本気象庁の7日午前時点の予報では,8日午前9時の中心気圧は900ヘクトパスカル,最大瞬間風速は85m/sとされています。また,フィリピン気象庁も台風30号の接近に伴い,国内各地に警戒シグナルを発出しました(非常に大きく猛烈な台風のため,ビサヤ地方,ルソン地方,ミンダナオ地方に大きな被害をもたらすおそれがあります)。
 つきましては,特に台風が通過する地域にお住まいの在留邦人の皆様におかれましては,下記の諸点に留意し、十分な安全対策を講じてください。
 また,台風に伴い,各種交通機関(特に航空機や船)の混乱も予想されますので,ご利用の予定がある場合には,運行状況を利用交通会社に確認することをお勧めします。
 (1)報道及び関係機関から,最新の情報収集を行う。
 (2)外出は控える。
 (3)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備の電池等を準備する。
 (4)飲料水・食料等を確保・備蓄する。
 (5)飛ばされそうなものは,室内に移す又は固定する。
 (6)避難場所やコースを確認しておく。
 (7)家族等に緊急連絡方法や避難場所の確認を行う。
 (8)フィリピン当局から,避難の勧告や指示があったら速やかに退避し,当局の指示に従う。
 (9)台風通過後も地盤のゆるみに伴う土砂崩れ等の二次災害に十分注意する。

2 本件台風に伴い,万一災害に巻き込まれた場合は,フィリピン気象庁が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,並びに下記の大使館緊急連絡先まで連絡してください。また,何らかの邦人の被害情報に接した場合にも,下記までご連絡ください。
 在フィリピン日本国大使館 電話:0939−596−7637
               :02−551−5786

3 なお,台風の接近に伴い,フィリピンの公的機関が臨時閉館となった場合には,当大使館,在セブ出張駐在官事務所,在ダバオ出張駐在官事務所についても臨時閉館となりますので,あらかじめお知らせします。 
《 参考 》
日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/
フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/
フィリピン国家災害リスク削減委員会(NDRRMC): http://www.ndrrmc.gov.ph/
外務省海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
在フィリピン日本国大使館:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm


=================================================
注意喚起:台風30号の接近に伴う注意喚起(その2)

1 昨日,当館メールマガジンやホームページで注意喚起いたしましたが,以下のアドレスに外務省スポット情報が発出されました。
●フィリピン:台風30号の接近に伴う注意喚起
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2013C460

2 本日9時における日本の気象庁の予測では,この台風の強さが「非常に強い」から「猛烈な」に格上げされており,また,8日(金)にフィリピン上陸する見込みですが,台風の進行も速くなっているため,予想より早く上陸するおそれもあります。

3 つきましては,これらの地域へ渡航・滞在を予定されている方は,以下の関連ウェブサイトを参考に台風情報や現地の気象情報の収集に努め,台風による被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
また,同地域に既に滞在中の方は,報道及び関係機関から最新の情報を収集して災害に備え,懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか,飲料水・食糧を備蓄し,家族等に緊急の連絡先を知らせ,事前に避難場所を確認するとともに,必要な場合には安全な場所で待避する等の安全対策を講じてください。台風通過後も,地盤の緩みに伴う土石流など,予測できない二次災害が発生する可能性もありますので注意してください。

  《 参考 》
日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/
フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/
フィリピン国家災害リスク削減委員会(NDRRMC): http://www.ndrrmc.gov.ph/


3 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,最寄りの日本国大使館または出張駐在官事務所(下記連絡先)まで連絡してください。

 (問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902

 (外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139

○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
              http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(フィリピンでの連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
 電話: (63-2) 551-5710
 FAX : (63-2) 551-5780
 ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

○在セブ出張駐在官事務所
 住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
 電話: (63-32) 231-7321
 FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ出張駐在官事務所
 住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
 電話: (63-82) 221-3100
 FAX : (63-82) 221-2176

=================================================
フィリピン:台風30号の接近に伴う注意喚起

1 日本の気象庁の予測によれば,現在,台風30号(アジア名:ハイエン,Haiyan)がフィリピンの東方海を西に進んでおり,同台風は今後勢力を増しつつ,強い台風へ発達の上, 8日(金)にフィリピンへ接近・上陸する見込みです。進路上にある海域及びその周辺地域では,強風や大雨のみならず,ところによっては洪水・土砂崩れ等の被害や各種交通機関の混乱等も予想されます。

2 つきましては,これらの地域へ渡航・滞在を予定されている方は,以下の関連ウェブサイトを参考に台風情報や現地の気象情報の収集に努め,台風による被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。また,同地域に既に滞在中の方は,報道及び関係機関から最新の情報を収集して災害に備え,懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか,飲料水・食糧を備蓄し,家族等に緊急の連絡先を知らせ,事前に避難場所を確認するとともに,必要な場合には安全な場所で待避する等の安全対策を講じてください。台風通過後も,地盤の緩みに伴う土石流など,予測できない二次災害が発生する可能性もありますので注意してください。
 《 参考 》
日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/
フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/
フィリピン国家災害リスク削減委員会(NDRRMC): http://www.ndrrmc.gov.ph/

3 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,最寄りの日本国大使館または出張駐在官事務所(下記連絡先)まで連絡してください。

 (問い合わせ窓口)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902

 (外務省関連課室連絡先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139

 ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
               http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

 (現地公館連絡先)
 ○在フィリピン日本国大使館
  住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
  電話:(63-2) 551-5710
  FAX :(63-2) 551-5780
  ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

 ○在セブ出張駐在官事務所
  住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
  電話:(63-32) 231-7321
  FAX :(63-32) 231-6843

 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
  電話:(63-82) 221-3100
  FAX :(63-82) 221-2176
posted by ワンサイド at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月6日 SANTOUKA @ MOA

アジア最大級のショッピング・モールとして名高い、モール・オブ・エイジアのラーメン山頭火に行って来ました。

131106-1.jpg

このモール・オブ・エイジア店で、既に3店舗目。
4店舗目も超大型ショッピング・モールであるグリーン・ヒルズへの出店が決まっているそうです。

日本ではラーメン屋というと、
ラーメンを注文して出てくるまでが5分。
それを10分以内で食べて
結果合計15分以内に店を出てしまう。
というような、ちゃっちゃとした感じだと思います。

ところが、フィリピンでは「ラーメン」というと、ちょっと「ファンシー」な「日本食」という感じで、家族や友人たちとゆっくりとテーブルを囲むようなイメージ。おしゃれでちょっと高級なイメージもあるかもしれません。

そういったニーズを背景にしてのことなのでしょうか、フィリピンにある山頭火各店は、ラーメンにご飯や小鉢がいくつかついたような定食メニューが非常に充実しています。ドリンクも種類が多く、デザートもあります。

今回はそういったメニューを注文してみました。

131106-1.jpg

ラーメンと餃子のセットですが、ご飯のほかに、サラダ、漬物、煮たまごが、それぞれ別々の鉢に入って出てきます。
かなり充実していますよね。

131106-1.jpg

そしてこちらはとんかつ定食。
ラーメンにご飯、サラダ、漬物と、メインのとんかつのほかに、茶碗蒸しもついてきます。とんかつは断面がうっすらピンクで、日本で出されたとしても、結構お見事と感じるレベルのとんかつでした。ソースを注ぐために、すり鉢にゴマが入って出てくるのも専門店みたいです。ソースも壷に入って出てきました。

とんかつもネットに乗ってたりとかして、非日常感の演出がハンパないですね。

フィリピンの山頭火。
こうして観察してみると、「ラーメン」というフィリピンで流行しているキーワードを活用しているものの、実態は富裕層狙いの「ファミレス」というコンセプトで成立しているのかもしれません。

山頭火はラーメン自体もきちんとしていますが、サイドディッシュであるはずのその他のメニューのきちんとした作り込みがすごいです。
「日本から来たラーメン店の店主が、フィリピン人の従業員に指導した。」というレベルでないのは明らかで、非常に大きな資本や組織の力を背景にした、メニューやコンセプトの作り込みがされていると感じました。

国際的なフードビジネスを肌で感じることのできる、フィリピンの山頭火。
知的好奇心のために一度立ち寄ってみても、楽しめる店だと思います。
posted by ワンサイド at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。