11月14日 タクロバンへの救援物資

フィリピンの巨大台風最大の被災地。
レイテ州の州都タクロバン市。

妻の父方の実家がそのタクロバン市にあります。
現地の家族と全く連絡がとれません。

義父と彼の弟が明朝タクロバンに向かって発つことになりました。
本来なら私が行くべきところですが、フィリピンに於いては自分のサバイバル能力は明らかに低く確実に足手まといになるので断念。店もあけられないですし。

我が家からも救援物資を供出して、彼らに持って行って貰う事にしました。
シロートながらに考えた救援物資です。

131114-1.jpg
クラッカー、ビスケットなどの保存が利いて軽い食料。
マニラのいくつかのスーパーマーケットではクラッカーが売り切れです。
同じことを考えている人が多いのでしょう。

131114-1.jpg
チョコレート。子供たちが大勢いるはずなので、彼らのストレス軽減のために。

131114-1.jpg
ビニールシート。
日本の震災時に役に立ったもののリストを見て。

131114-1.jpg
ロープ。
これも日本の震災のときの資料を見て。

131114-1.jpg
携帯電話。ノキアの旧型のもの。一度充電すると一週間以上もちます。
電気もないそうなので、当然携帯はつながらないと思われますが、日本や米国の空母が来ているので、臨時の基地局が設置されたりする可能性もあるのかなと。

131114-1.jpg
懐中電灯。
ロビンソンのホームセンターでは売り切れでした。

131114-1.jpg
乾電池。

131114-1.jpg
現金。

※買出し中に写真が撮れなかったので画像は借り物です。
posted by ワンサイド at 06:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。