1月9日 ブラック・ナザレの行進

今日はブラック・ナザレ・フィエスタというお祭りでした。

山車を取り囲み熱狂した民衆がどわわわ〜〜っと行進する、勇壮で危険なパレードをメインイベントとしたお祭は、日本各地、世界各地にたくさんあります。

140109-1.jpg

こんなのとか。

140109-1.jpg

こんなのとか。

140109-1.jpg

フィリピンにもあります。
こんな感じです。


山車を取り囲む人の数。
人の熱狂度。
お祭りの危険度。
いずれも日本各地、世界各地のお祭に負けていません!

ご神体というか、山車に乗っているのは、黒いイエスキリスト像です。
肌の色の黒いキリスト像と言うのは世界でも珍しいらしく、白人以外の信者に対する寛容さや、平等に庶民を受け入れてくれる神の広い心を表しているなどと言われています。

このテのお祭のパターンなんですが、ご神体に触れるとご利益があるとかなんとか言われており、危険を冒して山車にとりつきよじ登ろうとする人がたくさんいて、毎年数百人の負傷者が出ます。
posted by ワンサイド at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。