4月30日 永世中立国スイス

ralph3.jpg
Ralph 29歳。
国籍スイス。
数ヶ月前の来比時からよくお見かけするようになりました。
今回は二週間の滞在だそうで、殆んど毎日来ていただいています。

スイスと言えばなんですかね。
スイスフラン、スイス銀行、アルプスの少女ハイジ、アンディ・フグ、サンモリッツ、オメガ…

それから「永世中立国」
興味があったので、Ralphに聞いてみました。

「スイスは兵役があるよね。Ralphは兵役にいったの?」

スイスの中立というのは、侵略を受けたら自国の軍隊で解決する。軍事同盟はもたない。というもののはず。
だから武装中立を維持するための兵役があるんですよね。

「行ったよ。20歳のときに4カ月ね。それ以来、毎年3週間の兵役があるんだ。」
「男性は全員なんでしょう? あくまでも戦争をするためではなくて、自国を守るためというコミットメントがあるわけなのかな」
「うん。現実には、僕なんかはそんなにおおげさな決意をもっているわけではないけどね。ボクは赤十字の医療関係のアシスタントとして働いているから、戦うわけではないんだ」
「でも、大概の家には大きな銃があると聞いたことがあるよ」
「うん。ウチには銃は無いんだけれど、ふつうの人の家には大きなマシンガンがあるよ」
「すごいな」
「僕の国は中立(彼はNeutralと言いました)なわけだけれど、現実には中立を維持するのは難しくなってきているよ。武力の面ではなくて、経済などの面でね。スイスには、オイルマネーがたくさん入ってきていたりするし」

日本もフィリピンも島国。
スイスのように国境線を維持するという意識というか現実が我々にはありません。
現在でもEUには非加盟。いわば中立を守っている形です。
必要だから非加盟だということなのだと思いますが、外交的バランス感覚が生き残りに不可欠という意識を皆が持っているというのは、別世界ですね。

ちなみに、スイスのビリヤードについても質問してみました。
「ひどいよ。一時間22ドルから25ドルくらいかな。」

うええ。
それは高い!

ランキングに参加中です。
応援のクリックをおねがいします。
人気ブログランキングへ
posted by ワンサイド at 05:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。