10月4日 ビリヤードのゲーム性

Isang Pindot Lang Po...
We are participating Blog Ranking!


ワタシの前職はテレビゲームをつくることでした。
今日は、ビリヤードという遊びのゲーム性について、ちょっとテレビゲームっぽく考えてみます。

当時、部下たちに『ゲーム性というのはゲーム中の「選択」に於けるリスクとメリットのバランスだよ』な〜んて教えていました。

これをビリヤードにあてはめてみると、どういうことになるでしょうか。
ビリヤードにはいろいろな選択のシーンがありますが、とりあえず、大きなものは「どのようなショットを選択するか」という部分でしょう。

combination.jpg

ビリヤードのルールは「ボールをポケットに入れ続けること。ミスをすると、敵にチャンスを与えることになる」というのが基本です。

となると、ミスをしないようにプレイするべきです。
ミスをしないようにしないように、ボールをポケットに入れることに集中するべきです。
しかし、ビリヤードプレイヤーのみなさんは当然ご存知のように、目の前のボールをポケットすることだけに集中してしまうと、次のボールをポケットするための、手玉のポジショニングに支障が出てしまいます。これが、ビリヤードに大きなゲーム性を与えています。

どういうことかというと、慎重にボールをポケットに入れるだけのゲームであれば、ビリヤードという遊びに「選択」というものはほとんど存在しないことになります。ボールをポケットに正確に入れるという作業の習熟度を競うだけの遊びになってしまうわけです。

しかし「次のボールをポケットするための、手玉のポジショニング」というものが存在するがために、プレイヤーは非常に多くの選択をしなければなりません。

この部分をもうちょっと細かくテレビゲームチックに分解してみていきましょう。

選択をするからには、選択肢が存在し、その選択肢にはそれぞれ予測される成功率が存在します。
当然、成功率の高い選択肢を選ぶべきですが、ビリヤードというゲームの目的は、ナインボールならば9番をポケットすること、エイトボールなら8番をポケットすること、など、勝利のための最終目的が存在します。

となると、ひとつのボールを目の前にした成功率だけでなく、最終目的を達成するための全体の成功率も考えなければなりません。
最終目的達成の成功率を高めるためには、目の前のボールに対して、最も成功率の高い選択肢を選ぶべきでない場合もあるわけです。

まわりくどいですが、ビリヤードは「1ショット1ショット順番に成功率の高い選択肢を単純になぞっていけばよい」というゲームではないわけです。

ときには、最終目的達成の成功率を高めるために、目の前の1ショットでは成功率の高い選択肢を捨てる場合もあり、また、目の前の1ショットの成功率を上げて、最終目的達成の成功率を多少犠牲にするような選択が必要な場合もあります。

このように、ビリヤードは、そのほんの一面である「ポジションプレイ」という側面を考えただけで、多数の選択肢が入れ子状に組み合わさった非常に複雑な遊びだといえます。

さて、冒頭で述べた『ゲーム性というのはゲーム中の「選択」に於けるリスクとメリットのバランス』ですが、これについてはどうでしょう。

大きなリスクを冒して大きなメリットを得られるとすれば「非常に明快なゲーム性を持っている」ということになると思いますが、ビリヤードの場合はどうでしょうか。

大きなリスクを冒して、大きなメリットを得られるような選択をすることは可能です。難度の高いコンビネーションショットを選択するときなどはこれにあたるでしょう。
また、リーズナブルな選択をすることによって、リスクを抑えつつ、最終的には大きなメリットにつなげていくような選択のしかたも可能です。できるだけ難度の低いショットを組み合わせ、ていねいに取りきるようなプレイがこれにあたります。

また、冒したリスクに対して適正なメリットが生じないようなゲームは「つまらないゲーム」ということになりますが、ビリヤードの場合は、冒したリスクに対して適正なメリットが生じるように、自分で工夫することができるという性質をもっており、その面白さは非常に複雑でわかりにくいものではありますが、とても奥が深いといえます。

あまりのも簡単すぎる評価のしかたかもしれませんが、ビリヤードのテレビゲーム的なゲーム性の評価としては、明快でありながらも非常に奥の深いものであり、複雑で非常に数の多い選択肢から人それぞれの遊び方を選び出すことのできる幅の広い、飽きにくい遊び。ということになると思います。

結局は、こういうことで「そんなのわかりきってるじゃん」という感じでしたね。
以上、ビリヤードをテレビゲーム的に考えてみるの巻でした!

ランキングに参加中です。
応援のクリックをお願いします。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらをクリックおねがいします
posted by ワンサイド at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164601854

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。