7月16日 キュー先が浮く

日本からいらっしゃって先週までフィリピンに滞在されていたHさんが

「キュー尻のウェイトを重くしたら、重心の近くを握って立てキューしていると、尻の重さに負けてキュー先が上がってくる…」

なーんて言っていました。

「そういえばそんなこと言ってたなあ」と思い出していたここ数日だったんですが、フト気づきました。

グリップが前に来ると、キュー先が浮きやすくなるんですよ(ドヤ顔)

気づいてみれば考えるまでもなくあたりまえのことなんですが、いやあワタシにとっては画期的な発見でした。というか、ストロークがだらしないせいで、キュー先の抑えが効いていないだけの話なんですが、まあ、こういう理屈でキュー先が浮いて撞点が狂うんだという発見は感動的でした(おおげさ過ぎ)

ワタシが普段使っているキューは19.8オンスくらいあるって、バットが重いんでしょう。この傾向が顕著に出ます。意識していないとキュー先が浮きがちになります。

で、ちょっと軽めのキューを使ってみると、バットの部分が軽いせいでバランスが前になるんですね。さほど意識しなくてもキュー先が浮きません。

「なんだか軽いキューのほうが正確に撞ける気がする」
と以前から思っていたんですが、もしかしたらこれは気のせいではなくて、このキュー先の浮きのせいなのかしら…

とか色々考えつつ、非常に画期的な発見をしてしまったような気がしています。
今後いろいろな実験をしようかと思っています。

それから… 軽いキューに変えようかなあ。
posted by ワンサイド at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。