7月23日 ミニクーパーS

お客さんのJさんが新しい車を買ったそうです。
コレ。

coopers.jpg

ミニです。
購入されたモデルは1600ccターボのクーパーS。
スペックを見ると1210kgで175馬力。

FFでテンロクのエンジンに1200キロ台の車重で175馬力。
シビックのタイプRなんかと似たスペックですね。(※いまこの記事を書きながら調べていて知ったんですが、シビックっていう車種はいまもうないんですね。ショック…)

ということはカナリ走りに振ったモデルです。
うーん…
うらやましいかも。

元首都高ルーレットオヤジだったワタクシ的なツボは「ターボエンジン」
いやあ。ちょこっとイジるだけでパワーの出るターボエンジンはホント面白いですよー。
このミニのエンジンは1600ccターボですから、タービンを交換して、ブーストを1気圧前後かけ、まずは300馬力くらい。
このあたりが基本でしょう。

その際にはタービンがちゃんと仕事を出来るような給排気系のチューニングとECUの再セッティングも必要ですね。

シビックくらいの車体に300馬力のエンジンを積んでたらどうなるか…
想像するだけでよだれが出そうです。
posted by ワンサイド at 05:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不景気の世の中に産まれ育ってきた若者はあまり車には興味がないようなんですね。自ずとスポーツカー的な思考も少なくなって来てるとか。
寂しいですね。
Posted by joe at 2012年07月25日 06:51
こんにちは。いつも読んでます。僕が始めて買った車は初期型のホンダCR-Xです。siという型で1600DOHCでした。FFだから、ホイールスピンも簡単でよく農道でやってました。超田舎ですから、、ハハハ
Posted by ともちん at 2012年07月25日 08:58
Joeさん

BNR32スカイラインGT-Rが1989年発売
NSXが1990年発売
FD3S型RX-7が1991年発売

このあたりのクルマが1990年あたりに集中して発売されているんですよね。

2000年くらいまでは、マイナーチェンジがあったりして、それなりにスポーティなクルマが選べましたが、その後GT-RもNSXもシルビアもRX-7もシビックまで消えてしまいました。

あの頃はいい時代だったんですよねー。
Posted by Akira at 2012年07月26日 05:52
ともちんさん

ごぶさたです。
初期型のCR-Xですか。
「バラード・スポーツ」ってやつですよね。
なんだか記憶に残ってます。あのクルマ。
ともちんさんも面白いクルマに乗ってたんですねー。
Posted by Akira at 2012年07月26日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。