7月27日 フィリピンエアライン「マスターシェフシリーズ」

フィリピンエアラインが「マスターシェフシリーズ」として、一流シェフ監修の機内食を提供するという企画を発表しました。


kotora.jpg
フランス料理はマカティのLe SouffleのシェフBilly Kingの「slow-cooked Angus beef」


kotora.jpg
中華料理は元シャングリラ・ホテル・グループのエグゼクティブ・シェフ See Cheong Yan'sの「beef short ribs with honey peppercorn sauce」


kotora.jpg
日本料理はトレイダーズ・ホテルの吉祥のシェフ マツモト マサヒロの「organic pork belly」


kotora.jpg
タイ料理はドゥシタニ・ホテルのシェフ Khun Suwanna Puangdeeの「deep-fried fish fillet with tamarind sauce」

スタートは2013年の4月で、国際線と国内線の両方でサービスされるようです。
posted by ワンサイド at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。