8月25日 撞点が左右にだけじゃなく上下にもズレていた件

撞点が左右にズレていたり、強烈にコジっていたりということについては、何度かエントリーさせて頂いていますが、今日はそれが上下にもズレているのを発見しました。

お客さんとの相撞き中に発覚。

followshot.JPG

こちらが証拠写真。
ワタシが「押し」で手玉をポジションしに行ったときの写真です。

なんじゃこりゃあああああああ!
これで「押せない」とか言っているわけだから、もうどうにも言い訳のしようがありません。
「押せないっていうか、オマエそれストップショットだから!」みたいな撞点です。

いやホントにこれで自分では上を撞いているつもりだったんですが、実はほぼど真ん中の高さを撞いていたことが発覚しました!
いままで押していると思っていたのは、キューで作った前進回転で手球が前に出ていたのではなくて、ラシャとの摩擦で発生した前進回転によるものだったんですね。

これはヤバい。
明日から押しの撞点を1センチくらい上にあげる練習開始です。
posted by ワンサイド at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。