10月20日 微調整

いまさらですが、狙ったところに手球がいかない件。
ちょっと手球が遠めになると、入れごろであるはずの厚みをはずしまくるので、遠いまっすぐの球を試して見ました。

massuguhaichi01.jpg

やっぱり、まっすぐに100パーセントの厚みを狙ったつもりでも、こうなります。
ここのところ、いろいろなことを試してみた結果、なにかがズレてしまった模様。アウウ。

まず思い当たるのが、顔の位置か? そうなのか? ということで、キューの真上にアゴを置いていたのを、ちょっと左右にズラしてみます。

アゴ(顔)を右にズラすと手球は左へ。
アゴ(顔)を左にズラすと手球は右へいくことがわかりました。

まっすぐになる位置というのがあるはずなんですが、これがとっても微妙でなかなか決まりません。

アゴの位置を左右にズラしてみたり。
アタマの左右の傾きを調節してみたり。
Z軸方向のねじれというんでしょうか。アタマの左右のフリを調節してみたり。

今後数日はこの微調整。それから決まったらそれを記憶するという作業をしてみたいと思います。
posted by ワンサイド at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。