10月29日 リサールパーク

rizalpark5.jpg

マニラ庶民の憩いの場「リサールパーク」です。
地元ではルネッタパークといったほうが通りがよいかも。
当店からのほんの数キロの距離。クルマで5〜10分くらいのところにあります。

地図で確認してみると、長方形のカタチをした公園で、短辺が500メートルくらい、長編は1500メートルくらいありますね。
とっても広い公園です。

みんな思い思いにくつろいでいます。
芝生にすわったり、ベンチで話し込んだり。

rizalpark5.jpg
日本ではなかなかこういうのはないと思うんですが、コレ。
なにこれ百葉箱? とかおもったらスピーカーです。
フィリピンでは公園にも音楽が必要なんですね。普通にポップスが流れてます。

rizalpark5.jpg
フィリピンの偉人の胸像がずらーーーーーっとならんでます。

rizalpark5.jpg
こちらは地下にフィリピン独立の父ホセ・リサールが眠るモニュメント。
銃剣をかまえた兵士が警備しています。

オススメの時間帯は夕方です。
昼間は単純に暑いので、遮蔽物の少ない公園で遊ぶのは単純に無理なので。

rizalpark5.jpg
ボールを持ってきてサッカーをしたり、バドミントンをしたり。
凧をあげている子供がいたり、なんか馬飛びみたいなゲームをしていた学生のグループもいました。

ショッピングやナイトライフばかりがクローズアップされるマニラですが…
サンドイッチとビールでももってきて、夕方から日暮れまでの数時間のピクニック・デート。たまにはこんなのもいかがでしょうか。
posted by ワンサイド at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。