11月18日 全日本は張榮麟

全日本の優勝は張榮麟。
いやあ張榮麟てば日本で勝ちすぎ。
っていうか台湾人多すぎ。
トップ16に9人て…
残念ながらトップ16に日本人の名前はありませんでしたね(JPBA所属の羅立文選手はいましたが)。

フィリピン人勢は準決勝で楊清順に負けたJohan Chuaの3位タイが最高でした。
このJohan Chuaは海外では全くの無名ですが、ここ数ヶ月は調子が良く、なんだか雰囲気が以前と違ってきているなあと思っていたのです。

bubwit010.JPG

会場や写真でご覧になった方も多いかと思いますが、若くてハンサムな選手です。今回の準決勝進出でちょっと目立ったので、今後人気が出るんじゃないでしょうか。

実は、このJohan Chuaについては、数日前にコメント欄で「個人的に注目」的な発言をしていまして、それが的中したカタチです(エヘム!)
http://onesidebilliards.seesaa.net/article/301719811.html

カルロ・ビアドが国際舞台に出ていくタイミングも事前に「今年あたり来そう」的な投稿をこのブログでした記憶がありますし、ワタシがこのブログでつぶやいたフィリピンの若手選手はブレイクするという図式が出来ているようです(笑)

というわけでフィリピンの若手選手諸君。国際舞台で活躍したかったら貢物でも持って来なさい。場合によってはこのブログでつぶやいてあげよう。苦しゅうないぞえ。

それから、トップ16でリーバン・コルテッツァに負けたスチュワート・ペットマン選手。あれ?っと思って写真を確認したら、やっぱりあのスチュワートさんでした。

stuart1.jpg

去年は「まだプールは初めて3週間しか経ってないし…」なんて言ってましたが、さすがにスヌーカーのトップランカー。きっちり活躍していますね〜。
posted by ワンサイド at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302502283

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。