1月21日 Go to Casino!

日揮の社員の方々…
私もサラリーマン時代、会社の命令でいろいろな国に行きました。
危ないなんて話を聞いても、とりあえずは目先の仕事のことで頭がいっぱいで、自分が危険な目にあったらどうしようなんてあまり考える余裕も無く、身の安全に関して神経質になったことはありませんでした。

日揮の方々がどんな心構えでいたのかはわかりませんが、やっぱり日本のサラリーマンだし、会社や政府や仕事の都合を優先して、危険な国に行かされたことなんかにも特に文句を言ったりせずがんばって働いていたんじゃないかなあ。

その末に人命よりプラントを優先するような作戦を実行されて命を落とすなんて、やりきれないですね…


サテ…
今夜は珍しくツキにツキまくりました。
いや撞いたのじゃなくてLuckyのほうのツキです。
サイドポケットをまたぐようなレール際のロングショットが入りまくるは、キックショットをすれば入っちゃうは、ミスをすればがっちり隠れるは、もう何をやっても良いほうにしか転がりません。

130121.JPG

そんなワタシの犠牲者となったお客さん。
「ぜっっっったい今夜はカジノに行っとけ!」
なーんて言われました。
徒歩圏内にカジノの入った大きなホテルが2つも3つもある、マニラのこの界隈ならではですね。

でも店内で一週間分のツキをすべて消費したっぽいので、ぜっっっったいにカジノには行きません。ギャンブルはホントへたくそで、必ず負けるときは大きく、勝つときは小さくってなっちゃうし(笑)
posted by ワンサイド at 05:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国政府からの大口発注を受け危険区域を承知で社員を派遣してプラントを建設する会社の欲望。その企業の社員を誘拐し、大金を得ようとするテロリストの欲望。テロ集団を殲滅し、成果を上げようとする政府軍の欲望。人は欲求を満たすために人を殺すのですね。こんなひどい事件、久しぶりに聞きました。亡くなられた方に手をあわせます。
Posted by ともちん at 2013年01月22日 08:31
ともちんさん

アルジェリアのテロはアルジェリアの国だけの問題じゃあないのですね。
例によってアメリカの経済帝国主義の犠牲になったといえると思います。
Posted by Akira at 2013年01月23日 05:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。