6月14日 ネットワーク死亡

昨日、店内のネットワークが完全死亡。
何度も何度も故障して交換してもらった前科のある、インターネットプロバイダーから支給されているモデムの故障を疑う癖のついている私は、反射的に怒りを沸騰させて、カスタマーサービスに電話。

130614.JPG

電話口のお姉さんは「はい。では、コンピューターのブラウザ画面に出ているエラーメッセージを教えてください。」などなどと、マニュアルどおりの応対を開始してくれたのですが、なぜか既に怒っている私はそれをさえぎり…

「いやいやいや。いつもと同じだし。またモデム壊れたし。はやく交換して欲しいし!!!」とゴリ押し。

とりあえずサービスマンが着てくれることになったのですが「どうせ200回くらい電話しないと来ないでしょ」と、期待せずにいると、なんと昨日の今日で早速着てくれました。

早速診断開始。

結果。
「モデムは壊れてません。店内のLANが断線してますね。」
とのこと。

新しくケーブルを買ってきて配線しなおしたら直りました。

疑ってごめんBayantel。
今回はキミのとこのせいじゃなかったヨ〜。
posted by ワンサイド at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(*^▽^*)
ドンマイ!
あははっ!
Posted by ただし at 2013年06月15日 09:11
ただしさん

いやあ。
「またどうせオマエだろっ」
って瞬間的に思い込んじゃっていました。
フィリピンを見下しすぎてしまい。フィリピンに来るとキレやすくなる外国人は実はとても多いんです。
この私も例外ではなくて、ときどきあまりにも簡単にキレてしまう自分にびっくりします。
Posted by Akira at 2013年06月16日 07:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。