6月25日 中国ショック?

130625.jpg

フィリピンではほとんど報道されていないので、中国にいる知人から連絡があるまで知らなかったのですが、中国では軽く金融パニックが起こっているんだそうですね。

中国にいるその彼女によると、ATMがシステムダウンしていたり、一般の生活レベルまで影響が出ているそうです。

金利の急騰と株価の急落で「中国ショック来たか!」「中国経済崩壊!」なんていわれちゃったりしていますがどうなんでしょう。実際に当店にいらっしゃる中国国籍のお客さんの数は、確実に減っています。うむむむむ〜。

逆に、中国の人民元への不安から日本円の買いが入っているそうで、日本円は円高方向に若干振れていて、円とペソのレートも1万円=4400〜4500円くらいで落ち着いています。取引が円ベースだったり収入が円ベースだったりする、マニラの日本人ビジネスマンたちからは「ほっと一息」的な話をよく聞きます。

マニラの街でお店をやっている身としましては、世界中のみなさんが景気が言いに越したことはないわけですが、やっぱりあんまりそういう局面というのは、ないんですよねえ。

なんとなく雲行きがあやしい今日この頃。
今後どういう展開になるんでしょうか。
posted by ワンサイド at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。