7月30日 なんとあのFeDexが営業停止に!

==============================================
控訴裁判所が、世界流通最大手のFeDexのフィリピンでの営業許可を取り消した。
運送業は公共事業。フィリピン憲法では公共事業をフィリピン人にのみ許可しているので、外資系企業のFeDexのビジネスを容認できないという判断。
==============================================
なんともびっくりな判決が下りてしまいました。
「あの」FeDexがフィリピンでの営業を突如終了するというワケです。

郵便局では荷物のサイズに関する規制が厳しいので、フィリピンから日本に荷物を送るときなどは、私も盛んにFeDexを利用していました。
今後永久に利用できないのでしょうか?

フィリピン人に有利な判決を下すのはいいですが、これでは外国企業にとって「フィリピンは難治の地」というイメージを植えつけることになってしまいます。フィリピンの経済的発展には大きなマイナスとなる気がするのですが…
posted by ワンサイド at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370710010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。