8月28日 ラーメンチャンピオン フィリピンエディション

山頭火などの有名なラーメン屋さん、新宿さぼてんや銀座梅林などのとんかつ専門店が続々とオープンしていまして、近頃日本食ブームなマニラです。

そんなマニラでついに「ラーメンチャンピオン」というイベントが実施されることになったというニュースを見ました。

スポンサーは、フィリピンでWAFUとかTOKYO CAFEなどのフードチェーンを経営している会社とのこと。

シンガポールで実施されたラーメンチャンピオンの公式サイトを見ると、いかにもそれっぽいラーメン屋さんが並んでいます。
http://www.ramenchampion.com.sg/aboutus.html

130828.JPG
※写真は地元マニラのフリーペーパーに掲載されていたラーメン屋の広告。
フィリピン人に言わせると「どうして日本人のシェフは怒ったような顔をしているのか。何か問題があるのか。」という話がよーく出てくる。「味や流儀にこだわるがんこオヤジ。だから美味いのだ。」という感覚は、フィリピンでは全く理解されない。


5年も日本に帰っていないので、いま日本で流行っているというか、主流になっているというか、いまの日本でおいしいとされているラーメンの味を知らないワタシ。

まだ正確なイベントの日時は発表されておらず、2013年末とアナウンスされているだけですが「いまの日本のラーメン」がとても楽しみです。
posted by ワンサイド at 04:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「どうして日本人のシェフは怒ったような顔をしているのか。何か問題があるのか。」

電車内で、笑ってしまいましたよ(^^;)
そう思われてたのですね…
文化の違いって、分からないですよね。
Posted by ただし at 2013年08月29日 08:55
先ずはタバチンさんが店長を務めるオルティガスの下町チャシューハウスへ行ってみては?

Posted by joe at 2013年08月29日 09:42
ただしさん

よく「なぜ日本人は意味もなく笑っているのか」なんて言われたりしますが、ある意味それ以上にフィリピン人は常にスマイルです。コミュニケーションはスマイルを見せるところからはじまるみたいなところがありますから、むすっとしているラーメン屋のオヤジから異様なプレッシャーを感じてしまうのだと思います。
Posted by Akira at 2013年08月30日 23:09
joeさん

そのお店、先月号くらいからプライマーで広告を見かける気がします。チャーシューがおいしいんですかね?
Posted by Akira at 2013年08月30日 23:13
この前食べに行きましたが個人的には態々オルティガスまでもう行かないかな。
Posted by joe at 2013年08月31日 11:15
joeさん

うーん。
あまり行きたくならないコメントじゃないですか(笑)
Posted by Akira at 2013年09月01日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373312263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。