10月21日 ビリヤード用メガネ

131021-1.JPG

131021-1.JPG

以前にもエントリーしたアリさんのビリヤード用メガネです。
今日、ちょっとかけさせてもらったところ、アリさんと私では視力が違うので、見え方はよくわかりませんでしたが、視界のカバー具合は、想像していたよりもはるかに自然でよかったです。

キューを構えて手玉〜的球と視線を動かしても、まるっきり視線はメガネのカバー範囲の中です。
カンペキなんじゃないでしょうか。

詳しく聞いてみると、値段も材料も普通のメガネと同じものだそうです。
そこらじゅうのメガネ屋さんで「そんなの意味がわからない。ウチにはない。」と言われて続けて、キアポのメガネ屋さんでやっと希望どおりのものを作ってもらうことが出来たという逸品です。

要は、フチなしメガネの自由度を生かして、レンズを切るときに、上端部分をばっさり落とさずに、1センチくらい余分に残したんですね。

レンズがビリヤードのような上下の激しい視線移動を前提に設計されているかどうかが問題といえば問題ですが、アリさんによると「実用上はいまのところOK」だそうです。
posted by ワンサイド at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378202600

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。