11月24日 台湾対決

全日本選手権の決勝は 柯乗逸 vs. 張榮麟 の台湾対決でした。
柯乗逸は2度目の全日本優勝。
フィリピン勢は残念ながらジョアン"Bubwit"チュアの準決勝敗退が最高位でした。

実は今日、フィリピンにとって非常に重要なスポーツイベントがありました。

131124.jpg

8階級制覇のプロボクサーにして政治家、フィリピンの英雄マニー・パッキャオの試合です。
2連敗からの復帰戦というカタチで、もしもまた敗戦と言うことになると、年齢的にも引退か? などと言われていましたが見事勝利。
この勝利はレイテやサマールなどの台風被災地の人々をも勇気付けたことでしょう。
試合後のインタビューでは、メイウェザーとの再試合への意欲を見せているようです。

私はちょうど試合中の時間帯に、子供をショッピングモールの中にある病院に連れて行ったのですが、いつもの通り、パッキャオの試合中はショッピングモールの中もがらがら、道路も人もクルマもまばらでした。
posted by ワンサイド at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。