11月25日 義父の帰還

しかし中国の防空識別圏ヤバいです。

日中開戦するんですかね。

海自のP3Cに発砲でもされたらどうなるんでしょう。
まあ中国側としては、潜水艦を太平洋に出したいでしょうから、日本がこの緊張に耐え切れずにP3Cを引っ込めるのを狙ってのことなのでしょうが…

日本か中国かいずれかが引かなければ、極限の緊張状態が続くわけで、いつ開戦と言うことになってもおかしくありません。



実は台風の直撃をうけたレイテのタクロバンに行っていた義父から、昨日携帯テキストメッセージがあり、非常にバタバタとしておりました。

今日、義父がタクロバンから帰還しました。

やはり親族一同全員無事というわけにはいかず、3人が行方不明。そして被災後に1人が亡くなりました。

現地は全ての家屋が吹き飛ばされ、町役場や学校さえも壁や屋根がない状態。親族の多くの男性は一同の家を復旧させるために現地に残り、義父は全ての子供と女性を連れてマニラに戻りました。

電力、水道などは未だ回復しておらず、食料品の取引なども未だなく、基本的には水と食料は配給に頼っている状態ですが、飢えてはいないないとのこと。

そんなレイテのタクロバンですが、漁港である現地では、はやくも急ごしらえの船で漁に出ている人々もいて、穀物や野菜はないものの魚を売る市場が立っているそうです。
posted by ワンサイド at 06:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
皆さんの無事を祈ってましたが、本当に残念な知らせです。
心よりお悔やみ申し上げます。
Posted by ただし at 2013年11月26日 18:31
ただしさん

メッセージありがとうございます。
遺族に伝えます。
Posted by Akira at 2013年11月27日 04:26
ご親族の方のご不幸にご冥福をお祈り申し上げます。
身を切られる思いだと思いますが、お心落とし無きようお祈り致します。

戦争は、政治の延長線上と言われます。戦争は始めるよりも終わらせる方が何倍も難しいと言われています。
米国にせよ、中共にせよ、日本にせよ、戦争を始めるのは勢いでも出来ますが、終わらせるには「対戦国の完全降伏」か「仲裁国の登場」が必須要件になります。

現時点では、当事国どこも仲裁国を確立出来て無いので「今、戦争が起これば」どちらかの完全降伏まで進むと思います。
仲裁国が出てくれば、事前に決まったラインで仲裁が開始されると思います。

1.ロシアと中共とのハイレベルな会談が実施される。
2.米国とロシアのハイレベルな会談が実施される。

この二つのどちらか一方が「戦勝国と予想される側」と発生すれば開戦は近いと思います。

もう一つの可能性が中共軍部の暴走ですが。。。
それが発生すると戦争直後に中共が自己崩壊を起こしますのでそれほど心配は不要です。
自己崩壊に要する期間は最大1年です。

じっと状況を注視致しましょう。そして不測の事態に備えましょう。
Posted by tokio1962 at 2013年11月27日 21:34
tokio1962さん

ありがとうございます。
なんとか戦争は裂けて欲しいですが、今後10年とか想像すると、不測の事態が起こる可能性って結構高いんでしょうねえ…
Posted by Akira at 2013年11月28日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。