11月26日 「フィリピン生活あれこれ」ブログが突然閉鎖

「フィリピン生活あれこれ」というブログをご存知でしたでしょうか。

以前フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで仕事をされていて、現在はPASCO(Phil. Active Seniors Company Inc.,)という組織を立ち上げられて、フィリピン政府が発行する退職者ビザの取得サポートをされている志賀和民氏のブログでした。

フィリピンにおける生活全般から、特にビザの取得や不動産の購入、子供の教育などに関しては実体験や確かなデータに基づいたエントリーがされていました。

そのブログが数日前に突然消えてしまいました。
アクセスしようとするとBloggerの「Blog has been removed」というメッセージが出てきます。

何があったのかなあ。と、Pascoのウェブサイトを覗いてみると、Google側から何の予告もなく削除されてしまったとご本人が書かれています。


131126.jpg

これは、とても有用な記事の多いブログが消えてしまったのは非常に残念で、実用的な話も多かっただけにかなりイタイです。

これは知人にも何人かいたのですが、例の「児ポ問題」かもしれません。

最近どうやらGoogleは児童ポルノに関するデータ監視を強化しているらしく、BloggerやGoogle+, Picasa, Youtubeなど、Google系のサービスに子供の裸を発見すると、ほぼ問答無用でIDが停止され、自分がアップロードしたデータに一切アクセスができなくなり、問い合わせや抗議にもとりあってくれないそうです。

「フィリピン生活あれこれ」に日常風景のひとつとして取り上げられていた、志賀氏のビジネスパートナーの息子さんの写真がまずかったのかもしれません。もちろん客観的に見ても児童ポルノなどでは決してなく、実に自然なスナップショットでした。しかしGoogleによる機械的な判定では裸はあくまでも裸ということなのかもしれません。

Pascoのウェブサイトによると、ブログのデータ回収には成功したため、別のブログを立ち上げて記事を復旧する予定とのことです。
大変な作業かとは思いますが、一日も早い復活を願っています。

Google IDが停止されると、Blogger, Gmail, Picasa, Google+, Youtubeなどが全て使えなくなります。過去にアップロードした貴重なデータも失われます。ご注意ください。

私は、アンドロイドの携帯電話で撮った写真がアンドロイドの機能で自動的にPicasaWebアルバムに上がっているのに先日気づき、そこから娘や息子の裸が写っているものを全部削除しました。
posted by ワンサイド at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。