11月28日 右曲がり

最近、手球が狙いよりもチョイ右へ。先球がチョイ左へ行きがちです。
普段は、そのぶん若干見越して、見た目よりも左へ行くように撞いています。

やっぱり、それが納得行かず、見た目の通りに狙って狙いの通りのところに球がいくように撞きたくなり、フォームだとか狙い方を改造して調子を何度も何度も繰り返し繰り返し調子を崩しています。

今日もたまたま「右へいっちゃうな〜」とかブツブツ言いながらセンターショットをしていたところ、マスターことラモンさんに「こうしたらズレ具合がわかりやすいんじゃないの」と言われて試してみました。

131128.JPG

ズレ具合もわかりやすいし、まっすぐなレールに対してストロークがぐにゃぐにゃしているのも無茶苦茶わかりやすいです。

キューを右目の下あたりにしてみたり、微妙に右の鼻の穴あたりしてみたり、右目を前に出してみたり、逆に左目や左の鼻の穴にキューをあわせたり、左目を前に出したり、床のタイルの線に足を合わせてみたり、いろいろと試してみました。

しかし、何年こんなことやってるんでしょう。相変わらず未だにボールをどうやってみたらいいのかが判りません。

この角度からの狭いコーナーポケット。しっかり100%に近い厚みじゃないと入らないわけで、ワタクシのレベルだとフォームやストロークの確認に結構いい感じです。
posted by ワンサイド at 06:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何とも景色が悪い球の配置ですね(>_<)
ポケットも物凄く狭く見えるし的球は遠く見えるし…。入る気がしないですね(T_T)
Posted by tokio1962 at 2013年11月29日 16:32
tokio1962さん

目の使い方というか、目のコンディション(?)やストロークが安定しなくて、毎日はずれ方が違うんですよ。困っちゃいます。
Posted by Akira at 2013年11月30日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。