1月25日 利き目が見えているときと見えていないとき

ワタクシの目は右目と左目で視力がかなり違います。

悪いことに、利き目であるほうの右目のほうが視力が悪いです。

それから、最近気づいたのですが、右目は

140125-1.JPG

このくらい見えていることもあれば、


140125-1.JPG

こんな感じでほとんど見えていないことがあります。

前日の疲れ具合とか、その日テレビを見たかどうかとか、PCの作業をしたかどうかなどでかなり違うようです。

当然ながら、利き目の右目が見えているときと見えていないときでは、狙いが違ってきます。

どうやら、右目が見えているときは、右目を利き目として使って普通に狙っているようなのですが、右目が見えていないときは、左目で狙っているんですね。それはそうです。右目にはボールの場所がほとんど移っていないわけですから、仕方ありません。

日によって狙いの感じが妙に違ったり、今日はちょっと入ると思ったら、明日は入らないというのは、コレが原因のひとつのようです。

まいったなあ。
posted by ワンサイド at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。