2月12日 ロニー vs. ジェリコ

140212-1.JPG

ふらっと現れたロナート・アルカノ。
う。この人まだビリヤードやってたんだ。と一瞬思ったくらい久しぶりでした。

140212-1.JPG

それから、ジュニアの頃、ナインボールのワールド・チャンピオンに二度もなっているジェリコ・バニャレス。

ロニー・アルカノ vs. ジェリコ・バニャレス。
テンボール15先。
結果はロニー 15-10 ジェリコでアルカノの勝ち。

ふっと数ヶ月姿を見せなくなったりするアルカノ。でも実力は確かですね。
posted by ワンサイド at 02:26 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月11日 今夜もダブルス

140211-2.jpg

140211-2.jpg

今夜もいつものお仲間とダブルスをさせて頂きました。

たづけさん、ひぐちさんと、わたしと、もうお一人。
もう一人の方は顔出しNGということで、たづけさんとひぐちさんの写真をご紹介します。
posted by ワンサイド at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月10日 吉野屋

140210-3.jpg

牛丼の吉野家。
フィリピンにもあります。

140210-3.jpg

メニューは日本とちょっと違います。
もちろんメインの牛丼は同じですが、ラーメンや弁当、アイスクリームなんかがあります。
ちなみに生卵はメニューにありません。(あったとしても危険なのでフィリピンでは生卵は食べないほうがよいでしょう。)

140210-3.jpg

日本では牛丼に味噌汁をつけますが、こちらではコーラやアイスティを注文している人がほとんどです。ワタシもそれにならってコーラをつけてみました。

箸は頼めば出てきますが、基本はスプーンとフォークです。
七味唐辛子や紅生姜はテーブルに備え付けられていません。「チリパウダーをください」と頼むと七味唐辛子は出てきました。紅生姜は試していないのでわかりません。

味の方は、牛丼のつゆがちょっと煮詰まっていてしょっぱかったかなあという感じはしますが、まあ日本と同じでした。
日本では塩分濃度計を使って味を管理していたのを見たことがあります。こちらでは使っていないのかもしれませんね。
posted by ワンサイド at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月9日 スコッチ・ダブルス

140210-1.jpg

140210-1.jpg

Lolong vs. Basset
テンボール、17先。
ハンデキャップ:Lolongに+2WIN。

Result: Lolong 17-13 Basset


最近何度かお客さんと一緒にテンボールのダブルスのセットマッチをさせて頂いています。
一度ずつ交互に撞く、スコッチダブルスというやつです。

自分が撞いてミスをすれば対戦相手がわに順番が回ってしまうので、緊張します。
もちろんミスをしなければ、自分のパートナーが撞くので、手球のポジションにかなり気をつかいます。

ひとりでポコポコやっているときよりも、断然緊張しているせいか、いつもに増してストロークが「自信のないショット」になってしまい、中途半端な距離とスピードで出たキュー先がヘロっと曲がって、タダでさえ入らないものが余計に入らなくなります。

1対1の対戦をしているときの3倍くらい疲れますが、楽しいです。

スコッチ・ダブルスは、レジャーとしてはかなり楽しいので、こういうのが流行るとよりビリヤード人口の裾野も広がりそうな気がします。ビリヤード自体は結構難しいので、なかなか簡単には始められないのですが、スコッチ・ダブルスは経験者が初心者に教えながら楽しませるというスタイルがとれるので、上手にやるとビリヤードをはじめるためのハードルを下げることができるかもしれませんね。
posted by ワンサイド at 03:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月8日 アキノ大統領、中国をナチスに例えて批判

140208-3.jpg

日本の安倍総理大臣の、まあ大雑把に言えば、日本の首相にしては強気な発言が、連日メディアにのって話題になっていますが、フィリピンのアキノ大統領も全然負けていません。

アメリカの新聞ニューヨーク・タイムズにインタビューを受け、中国の南シナ海の領有権主張について語りました。

========================================================
フィリピンのアキノ大統領は南シナ海の領有権をめぐる中国との争いについて、第二次世界大戦前、当時のチェコスロバキアのズデーテン地方の割譲を求めるドイツのナチス政権に譲歩した西側諸国を例に挙げ、フィリピンを支持するよう国際社会に訴えた。中国を「ナチス」に例えた発言に、中国国営新華社は大統領を激しく非難した。

 大統領は4日付の米紙ニューヨークタイムスに掲載されたインタビューの中で「世界は言わねばならない。ズデーテン地方は第2次世界大戦回避のためにヒトラーに譲歩する中で割譲されたことを思い出す必要がある」と述べた。さらにアキノ氏は「フィリピンは決してチェコスロバキアのような譲歩はしない。中国は力があるのかもしれないが、必ずしも正しいわけではない」「(国際社会は中国に対し)『もうたくさんだ』といずれの時点で言うのか。世界は言わねばならない」と語った。

 ズデーテン地方はチェコのドイツ人居住地で、第一次世界大戦後、チェコスロバキア領となったが、ヒトラーは1938年にドイツ人が多いことを理由に割譲を求めた。戦争を避けるために、英仏伊などは1938年9月のミュンヘン会議で宥和政策を採りヒトラーの主張を認め、ズデーテン地方はドイツに併合された。当時のドイツはヒトラーによる国内経済の立て直しに成功し、軍事力を増強させるなど、現在の中国と通じるところがある。
========================================================

ここまではっきりと言う一国の大統領というのも、なかなかいない気がします。
アキノ△状態です。
posted by ワンサイド at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月7日 ボス登場

140208.jpg

マニラの日本語フリーペーパー「フィリピン・プライマー」に連載されているコラム「フィリピン日和」に登場するあの有名な『ウチのボス』ことI氏がご来店されました。

フィリピンで起業されているI氏。
いろいろな苦労話、面白い話をたくさん聞かせていただきました。

今度ぜひ合コンお願いします!
あはは。
posted by ワンサイド at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月6日 Bart PASAY vs. Dodong Nunal

140206-1.jpg

140206-1.jpg

Bart PASAY vs. Dodong Nunal
テンボール, 16先(ハンデキャップなし)

1stセット: Bart 11 - 16 Dodong

2ndセット: Bart 10 - 16 Dodong

倍々プッシュ失敗で、かなり痛かった模様です。
posted by ワンサイド at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月5日 もういくつ寝るとバレンタイン

140205.JPG

2月14日金曜日のバレンタイン・デーと15日の土曜日にご来店のお客さまに、バレンタイン・デーのプレゼントを用意しています。

バレンタインの週末をフィリピンでお過ごしの予定の皆様。
ぜひ当店にご来店ください。
posted by ワンサイド at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月4日 iPhone Forever!



フィリピンの携帯電話は、「Globe」と「SMART」の2大キャリアがシェア争いの大戦争を繰り広げています。
なかでも、最近スゴイのは、Globeのほうの超iPhone推し戦略。

上のムービーは「iPhone フォーエバー」というプランの説明のビデオです。
毎月一定額を支払う契約をすると、毎年新しいiPhoneが自動的にもらえるようになるという、iPhone大好きなフィリピン人の魂を揺さぶるプランです。

毎月の支払は最低で1599ペソ。

ここまでやって、いったい利益が出るのかどうなのか不明ですが、最近かなりSMARTに押されつつあるGlobe陣営の起死回生の策という感じでしょうか。
posted by ワンサイド at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月3日 Manny Pacquio THE MOVIE

140203.jpg

8階級制覇の天才プロ・ボクサーにしてフィリピンの英雄。マニー・パッキャオの半生を綴ったドキュメンタリー映画が制作されることになったそうです。


子供の頃、僕は家族を養うために戦った。
僕の人生は常に戦って生き残ることだった。
ボクシングだけが希望だった。



上の画像をクリックして頂くと、マニー本人の言葉からはじまる予告ムービーへのリンクになっています。

企画自体どの程度決まったものなのかわかりませんが、なぜかナレーターだけは、リーアム・ニーソンに決まっているようです。

シンドラーのリストのシンドラー。スター・ウォーズのクワイ・ガン・ジン。バット・マン・ビギンズの忍者の首領。あのリーアム・ニーソンです。妙にいい役者をナレーターに起用していますが、どんな映画になるんでしょうか。
posted by ワンサイド at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月2日 DCCナインボール。ボーニング優勝。

ダービーシティクラッシックのナインボールは、ボーニングの優勝でした。

当店として注目したいのは、ボーニングの決勝の相手が「ジョンくん」ことジョン・モーラ選手だったこと。

しばらく大きな舞台での勝利からは遠ざかっているジョンくん。
今年はちょっと調子がよいのでしょうか。
期待したいですね。

140202.jpg

写真はDCCのテンボールの試合でのジョンくんのブレイク。
そういえば、テンボールでもジョンくんを破った相手はボーニングでしたね。
posted by ワンサイド at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月1日 DCCワンポケット。エフレン優勝。

140201.jpg

ダービーシティクラッシックのワンポケットはエフレンの優勝でした。

エフレンは1954年生まれで、今年で60歳です。
60歳の選手がシニアクラスでなく、現役のしかも一流の20代、30代の選手が参加しているトーナメントで優勝してしまうというのが、改めて考えてみると凄いです。

「マジシャン」とか「神様」というエフレンのあだ名は、誇張でもないし不自然でもなんでもないんですね。

特にワンポケットをプレイするエフレンは、本当に「神!」です。
posted by ワンサイド at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月31日 ジョアン"Bubwit"チュア

140131.JPG

この彼。
ジャパン・オープン、全日本選手権などで上位進出を果たし、徐々に日本でも名前が知られるようになってきているのではないでしょうか。

まだ21歳です。

今日はとあるプレイヤーとテンボールの勝負していました。
Bubwitが相手プレイヤーにハンデとして6番を渡します。

3〜4年前。
まだ17〜8歳のころ、今日と同じプレイヤーに渡していたハンデは9番でした。
最近一段と強くなってきています。

ご覧のようにBubwitはなかなかハンサムな青年(というかまだ少年)なのですが、このまま順調に大人のイケメンに育ち、ぜひとも外見と実力の両方を備えた次代のスターになっていって欲しいものですね〜。
posted by ワンサイド at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月30日 恭喜発財!

140130.jpg

今日は何だか妙に騒がしいなあ。爆竹とか鳴ってるし…

と思ったら、大晦日なんですね。旧正月の。

チャイニーズ・ニュー・イヤーというヤツです。
華僑系がかなりメジャーな国フィリピンでは、チャイニーズ・ニュー・イヤーは当然とてもメジャーなイベントです。

獅子舞のようなものが出たり、街中で爆竹がバンバン鳴らされたり、バンドや山車のパレードがあったり。

今日のエントリーのタイトルの「恭喜発財」というのは、Kung Hei Fat Choiと読むのですが、「新年おめでとう。お金が沸いて出ますように!」みたいな新年の挨拶です。

「恭喜発財」とか「Kung Hei Fat Choi」なんて書いたお札みたいなものが、ドアにかけられていると、ああ。ここは華僑系の人が住んでいるんだなあ。ということがわかります。

「恭喜発財」というのもなかなかエグいあいさつですが、お金があるのはいいことだとはっきりいえるお国柄と言うことでもあるんですね。
posted by ワンサイド at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月29日 ダービーシティクラッシック4日目

ダービーシティクラッシック。
BigfootテンボールはShane Van Boening選手が勝ちましたね。

140129.JPG

当店の「準」常連さんのジョンくんことJohn Morra選手。
ダービーシティクラッシックのBigfootテンボールの結果をうけて、こんなことを言っています。

「ダービーシティの結果は考えていたものとは違っていたけど、もしあのゲームから何か学んだことがあるとすれば、期待していなかったことを予期すること。」

期待しないのでなく、期待する。でも期待しない。
という淡々とした精神状態でプレイする。

まだまだ若い彼。
いろいろなことを感じて成長している真っ最中なんですね。
いいなー。
posted by ワンサイド at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月28日 ますます寒いフィリピン

いやあ。
ホントに寒いです。
寝ていても、寒さで思わず目が覚めてしまいます。
エアコンも扇風機もつけていないというにですよ。

ワタクシ夜の仕事をしていますので真昼間に寝ているのですが、寒いんです。
こんなフィリピン本当にはじめてです。

140128-1.JPG
アントニーくん。サウスポー。
こう見えて5児の父で、かなりカラフルな人生経験の持ち主です。
ときどきビールなど飲みながらがっつり話し込むと、実はとっても面白い話がいくつも出てきます。

140128-1.JPG
アリさん。イラン人留学生。
フィリピンで見かけるイラン人は、その多くが歯科系の留学生なのですが、アリさんもその一人です。
長身から繰り出す見事なストローク。手球ポジショニングはロマン派です。

140128-1.JPG
ミツさん。
朝の5時から仕事をしていて今日はとてもお疲れでした。
ありがとうございます。
posted by ワンサイド at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月27日 永井一郎さん死去

ビリヤードにもフィリピンにも関係ない話題です。

今日、声優・俳優・ナレーターの永井一郎氏が亡くなったそうです。
「サザエさん」の波平の声などが特に有名ですね。



ワタクシのようなオタク系青年にとってはこれ。
ガンダムのオープニングの

「宇宙世紀0079 人類は増えすぎた人口を…」

というこの声です。

それから「宇宙戦艦ヤマト」の佐渡先生。徳川機関長。
「ガンダム」のデギン・ザビ、ドレン、コンスコン、フラナガン博士。
名ナレーション、名脇役はみんな永井一郎氏の声でした。


ご冥福をお祈りします。
posted by ワンサイド at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月26日 Derby city classic XVI

140126.jpg

ダービーシティクラッシックがはじまりました。
ワンポケット、バンクプール、ナインボールなど、様々な種目のトーナメントが行われるのですが、中でも変わっているのが、Big Foot チャレンジ・テンボールというトーナメント。

これ、テーブルが10フィートなんですね。
普通のポケットのテーブルの長辺が9フィートです。
長クッションが普通のテーブルより1フィート(30.48cm)長いんですね。
ダイヤモンドの特別製のようです。

Azbilliardsの記事によると、エフレンがこう言っています。
「角度が(普通のテーブルと)違う。手球を動かすのにかなり力が要る。それから(テーブルが大きくて)手が届かない。僕は背が低すぎたみたいだ。」

いつもと違う大きなテーブルに戸惑って選手たちはいろいろと苦労しているようです。
残念ながらカルロは敗退。ジャンゴとエフレンは今日のラウンドは勝ち残ったようです。

これはいつか生で見てみたいですねえ。
posted by ワンサイド at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月25日 利き目が見えているときと見えていないとき

ワタクシの目は右目と左目で視力がかなり違います。

悪いことに、利き目であるほうの右目のほうが視力が悪いです。

それから、最近気づいたのですが、右目は

140125-1.JPG

このくらい見えていることもあれば、


140125-1.JPG

こんな感じでほとんど見えていないことがあります。

前日の疲れ具合とか、その日テレビを見たかどうかとか、PCの作業をしたかどうかなどでかなり違うようです。

当然ながら、利き目の右目が見えているときと見えていないときでは、狙いが違ってきます。

どうやら、右目が見えているときは、右目を利き目として使って普通に狙っているようなのですが、右目が見えていないときは、左目で狙っているんですね。それはそうです。右目にはボールの場所がほとんど移っていないわけですから、仕方ありません。

日によって狙いの感じが妙に違ったり、今日はちょっと入ると思ったら、明日は入らないというのは、コレが原因のひとつのようです。

まいったなあ。
posted by ワンサイド at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月24日 フィリピンエアラインの羽田〜マニラ線

140124.jpg

羽田〜マニラ線の詳細が決まってきたようです。
フィリピンエアラインの羽田〜マニラ線は、以下の2往復です。

昼間時間帯便は、羽田15時20分(現地時間:以下同様)発→マニラ18時40分着(PR421便)、マニラ8時55分発→羽田13時55分着(PR422便)となる。

深夜早朝時間帯便は羽田発1時30分→マニラ着4時50分着(PR423便)、マニラ18時50分発→羽田23時50分着(PR424便)となる。なお、PR423便は3月31日より運航開始となる。

深夜早朝時間帯便は、人によってはちょっと面白いかもしれません。
1時30分羽田発ですから、24時前後に羽田に着けばいいわけで、仕事が終わった後、食事をして夜遊びをした後からでも間に合います。
飛行機の中で爆睡して、マニラに着陸するのが朝の5時。
マニラ市内にタクシーが着くのが6時過ぎ。
ホテルのチェックインタイムまでかなりあるので、ホテルのレセプションで荷物だけ預けて、マニラ・ベイ・カフェやアマゾニアなどの24時間営業のバーや、ハイアットなどのカジノにそのまま突入。午後のチェックインタイムまで、朝イチから迷わず遊びます。
午後になったらチェックインして、ホテルでお昼寝。夜遊びの時間に備えます。
人並み以上のタフネスと遊びへの情熱を兼ね備えた方々は、午後や深夜にマニラに到着する便にくらべて、半日〜1日ぶん余計に遊べるお得な便になりそうですね。
posted by ワンサイド at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。